2019年10月14日

タワマン

台風15号・19号で被災された各地の皆様のご無事をお祈り申し上げます。

さて、以前の地震災害でも低周波震動やライフライン切断時の生活困難が問題となったタワマンですが、いまだに建築ラッシュが続いてるんだそうですね。

今回の未曾有の台風では都市部にも深刻な浸水被害が出ておりますが、以下の記事によると、一般的に地下に電力設備や揚水ポンプを持っていることの多いタワマンでは浸水で地下設備がやられて、停電が復旧しても屋内ライフラインの復旧目処が立たないんだそうです。

タワマンは、1棟建てば大幅な人口増が見込まれ、税収増に寄与するだのなんだのでもてはやされているようですが、一カ所に同世代世帯が集中して公立学校ほか公的サービスに過大な負荷かかること、居住世代が近いことから一気に高齢化してしまうこと、そして建物自体が老朽化したときの補修その他が非常に難しく、解体も容易ではないなことなど、健全な街作りに寄与しない問題ばかり。その上、災害時に電力が途絶するだけで、住むこと自体が不可能になる…。

人口減少時代に入って空き家率が10%を超えた今の日本にこんな欠陥住宅は必要ないと思います。
人は土から離れては生きられない。今こそ日本の「暮らし方」について真剣に考える必要があると思います。

”土に根をおろし、風とともに生きよう。種とともに冬を越え、鳥とともに春を歌おう”


【台風19号で「タワマン被災」 「高層階住み」J-CAST記者も停電、断水に見舞われた】
台風19号は、首都圏をはじめ各地に大きな被害をもたらした。台風が本州から東の海上に去った2019年10月13日午後、東京電力の「停電情報」によると関東地方は約14万1900軒で停電が続いている。
J-CASTニュース記者は、首都圏の高層マンションで今回の台風に遭遇した。建物自体は無事だったが、台風通過後に全戸で断水、停電が発生。エレベーターが使えず高層階から外に出ることすら難しく、日々の暮らしでの「何気ない行動」がとれなくなる不便さを痛感している。(以下略)
https://www.j-cast.com/2019/10/13369956.html
posted by sahitahu at 17:53| Comment(0) | ニュース

2019年06月10日

高齢者の自動車事故

もうね、ここまで来たら、野放図に「移動の自由」を許せる状況じゃないと思うよ。
車を運転したい高齢者には運転技能を維持するための応分の努力をしてもらう必要があると思う。

統計的に事故率が急増する年齢を調べて、それ以上の年齢の人は

・免許の有効期限は1年(毎年更新)
・更新時は認知能力検査と運転技能試験を必須(判定基準の明確化)
・高齢者向け講習を必須(高齢ドライバーの課題を知る機会を作る)

くらいは課さないとだめだと思う。
よく「田舎は足がないから車が必須」というけれど、一律に一定の年齢以上に免許返納させるわけではないから、これなら問題ないでしょ。これをクリアできない高齢者は走る凶器になる懸念があるので、町中へ転居するなり、他の移動手段考えるなり、自動車を運転しなくても生きていける方法を考えて欲しい。
車側の安全装備もあるにこしたことはないけど、「完全自動運転」が実現されない限り補助機能の範囲なので、それより運転者の運転適性の有無に重点を置くべきだと思うよ。

【ニュース元】政府、高齢者に新たな免許制度〜年度内に方向性、相次ぐ事故受け
https://this.kiji.is/510812551438091361
posted by sahitahu at 22:52| Comment(0) | ニュース

2018年05月22日

登山事故?

登山家(?)の栗城史多さんが、エベレスト攻略中に亡くなったとの速報。
この方、専門家の間では「登山家」と認識してもらえないものの、一部の熱烈ファンや協賛企業に支えられて活動されてたみたい。

登山のことなどまるで知らないド素人な私ですが、何かのネット記事で彼を知った頃から私が抱いていた彼の印象は、「必殺」系時代劇によく出てくる「悪い大人に利用されて自分には超能力があると信じているイケメン教祖様」みたいな感触。この手の話の場合、最後には超能力のからくりに本人が気付いて黒幕に消されてしまう(そして黒幕は仕事人に仕置きされる)パターンが定石。

今回の事故を受けて改めて検索してみると、登山ライターさんのブログが出てきて、この方の解析が正鵠を射ており納得
https://www.moriyamakenichi.com/2017/06/blog-post_9.html?m=1

また、Wikipediaにあった彼の来歴では、彼が世に出たのはとあるバラエティ番組で「引きこもりの登山家」みたいなキャッチで売り出されたのが最初。その時も実際には引きこもりではなく「キャラ」として演じてたらしい。
これがホントなら、彼はスタートからテレビの虚構を利用し、大きくなりすぎたその虚構に押しつぶされて亡くなった…登山ライターさんが懸念された「大きくなりすぎた嘘が招く最悪の事態」が現実になってしまった…ということ。

人並みならぬ大望を果たすためには、そこに至るための現実的な中間目標を順次立ててクリアしていく計画性が重要だと思います。今回の件は「好きな山で死ねて本望でしょう」で済ますのではなく、事故の原因解析が必須だと思います。

悪い大人に振り回されて命を散らしてしまった若者の冥福を祈ります。
posted by sahitahu at 08:25| Comment(0) | ニュース