2018年12月14日

出張自炊8日目朝

ようやく今日で帰任予定です。(≧∀≦)

そこで、最後を飾る朝食は…

ねぎウインナー天津丼風(゚Д゚)


薄切りシャウエッセン3本を炒めて卵2個を割り入れ、上から刻みネギをたっぷり入れて蒸し焼きに。
20181214_3.jpg

皿に盛ったご飯に卵シートをかぶせて…
20181214_2.jpg 20181214_4.jpg

皿うどんの餡掛けの素(粉末)を水に溶いて、フライパンで加熱して餡かけを作ります。
20181214_1.jpg

出来た餡を卵の上からかけたら出来上がり。調味料はウインナーの塩気と餡掛けのみです。
20181214_5.jpg 20181214_6.jpg
posted by sahitahu at 07:24| Comment(1) | グルメ

2018年12月13日

出張自炊7日目夜

今回は7泊8日の長丁場でしたが、夜は今夜が最後…ということで、「豚バラともやしエノキの蒸し焼き」と「厚揚げステーキ温玉のせ」。酒は冬小麦とシークァーサー酎ハイを各350mlで1039円也…惜しい!
20181213_1.jpg

もやしとエノキを鍋の底に敷いて豚バラをかぶせ、マジックソルトで味付けしてスナックエンドウを飾り付け。下に敷いたもやし・エノキとスナックエンドウをクレイジーソルトで味付けした豚バラで巻いて頂きます。
20181213_2.jpg 20181213_5.jpg

フライパンの真ん中に厚揚げを置いて、周りは長ネギ。蓋をして蒸し焼きにしたら、味付けにチョーコー醤油を垂らし、さらに上にのせた温玉を崩してトロトロを頂きます。(*´∀`)
20181213_3.jpg 20181213_4.jpg

ということで、5夜の勝率は3勝2敗、平均では963円なのでまずまずの結果か…(^。^;)
posted by sahitahu at 19:55| Comment(0) | グルメ

出張自炊7日目朝

流石に納豆飯も飽きてきたのと、ボチボチ冷蔵庫整理にかかるため、今日は月見ウインナーうどん。
20181213a_1.jpg

米・納豆より洗い物も簡単で、こりゃええな(・∀・)
posted by sahitahu at 07:15| Comment(0) | グルメ

2018年12月12日

出張自炊6日目夜

今日も田舎スーパーでお買い物〜(≧▽≦)
食材+ビール500ccでは880円に収まりましたが、先日残しておいた日本酒パックの半分(250円相当)を足すと1130円で予算オーバー…むう、買いすぎたぜ(´・ω・`)

メニューは、トマトとアボガドのサラダと、甘鯛つみれと鶏の鍋。
20181212a_1.jpg

地元農家さんのプチトマトとアボガドを混ぜ、オリーブオイルとマジックソルト、醤油ベースで味付け。
20181212a_2.jpg

鍋は、先日のアジのすり身の甘鯛バージョン、こちらの方が上品な味ですが、ホンマに蒲鉾みたいで、ちょっと味気なし…かも?
20181212a_3.jpg 20181212a_4.jpg
posted by sahitahu at 20:43| Comment(0) | グルメ

出張自炊6日目朝

今朝は100均で見つけたシリコンのコップを使ってゆで卵(蒸し卵?)にチャレンジ。

前夜、炊飯用の米を仕込んだ鍋の真ん中にシリコンコップを立てて生卵をそのまま保持。
20181212_1.jpg

今朝の炊き上がり、お米は問題なく炊けています。
20181212_2.jpg

殻をむいてみると、ゆで卵(蒸し卵?)もしっかり煮えています。
20181212_3.jpg

囓ってみると、中の黄身までしっかり加熱されました。これは他の食材加熱にも活用できるかも?(・∀・)
20181212_4.jpg
posted by sahitahu at 07:26| Comment(0) | グルメ

2018年12月11日

出張自炊5日目夜

昨夜は懇親会だったので、自炊せず。
今日はいつもの市街地のスーパーではなく、仕事場往復途中の田舎スーパーで仕入れた野菜を仕入れました。あとは備蓄食材と併せて、「ジャガイモ・ニンジン・ブナシメジのポトフ風」「納豆オムレツ」「蒸しブロッコリー」に、ビール350mlと酎ハイ500mlを付けて763円也…安!(・∀・)
20181211_1.jpg 20181211_2.jpg

ブロッコリーは一口大に切って、ホテル設備の電子レンジで蒸し野菜に…。太い軸も皮をむいて小口切りにしました。ドレッシングは、醤油出汁の鍋の素のポーションとごま油を混ぜて中華風に調合しました。
20181211_3.jpg 20181211_4.jpg

納豆1パックとネギ適量に卵二つで納豆オムレツ。
味付けは納豆付属の出汁醤油のみ。
20181211_5.jpg
posted by sahitahu at 19:40| Comment(0) | グルメ

2018年12月10日

出張自炊3日目夜

「香草鶏砂肝のたまたま焼き」と「アジすり身のつみれ鍋」。
ビール350ccと、酒一合付きで982円也。
20181210_1.jpg

砂肝は、下処理して薄めに切り、酒でもんでからタマネギと炒めて、最後にネギを散らして真ん中に温泉卵。温泉卵はちょっと煮すぎた…(^。^;)
20181210_2.jpg 20181210_4.jpg

鍋は、長崎・式見のアジすり身をつみれに…。
弾力があってつみれというより蒲鉾みたいな食感でした。
20181210_3.jpg

ビールはいつもの廉価版、酒は料理酒兼ねて二日分で珍しい銘柄を500ccです。
posted by sahitahu at 20:44| Comment(0) | グルメ

2018年12月09日

トラベルマルチクッカーでの炊飯

長期出張中の経費節減と時間潰しを兼ねて始めた出張自炊。
色々試した結果、火力と携帯性でホットディシュランよりヤザワ・トラベルマルチクッカーの方が融通が利くという結論に至りました。ただ、炊飯を前提に作られたホットディシュランと違って、単なる電気鍋なトラベルマルチクッカーで美味しい米を炊くには工夫が要ります。

先人の知恵を検索すると、普通の水加減で吹きこぼれ防止のためフタを少しずらして炊く方法が多いですが、この方法では時間を短くすると芯が残り、長くすると焦げ付きが多くなります。

そこで…

まず吹きこぼれ防止のためフタを改造。
元の湯気穴は小さすぎるので、3mmφのドリルで左右2カ所の穴を広げます。
20181201124351.jpg

そして、炊飯時はクリップで四辺を留めて密着させて内圧を上げ、芯が残るのを防止。
20181209065523.jpg

水加減は、0.6合炊きで米1に対して水2と多めにして加熱時間の確保と焦げ防止、炊飯時間10分(100V)蒸らし5分。
これでもヒーター接触部分は少し焦げます。
20181209070803.jpg

今朝の朝食(≧∀≦)
20181209065505.jpg
posted by sahitahu at 07:34| Comment(0) | グルメ

2018年12月08日

出張自炊2日目夜

今回は一食あたり1000円未満(酒込)縛りにチャレンジ!
葉野菜が大分安くなってきたのはありがたいですね。長崎香草鶏のつくね鍋にビールと酎ハイ各350mlをつけて、しめて901円也。
20181208_5.jpg 20181208_1.jpg

挽肉に刻みネギを混ぜて捏ね、塩胡椒とごま油で味付け。
20181208_2.jpg

今日の出汁は、前回買い置きの醤油豚骨スープ。
20181208_3.jpg

片栗粉が無かったので、つなぎは挽肉のみ。
20181208_4.jpg
posted by sahitahu at 19:45| Comment(0) | グルメ

2018年10月22日

ペヤング焼きそば「からしMAX」

今日のランチの一品。
20181020_1.jpg

炎のマークでありがちな激辛物と思って買ったんですが、「からし」は「唐辛子」ではなくいわゆる「マスタード」で、出来立ての麺をすすろうとすると、ムセまくって全然すすれない(゚Д゚)

そして、食べ終わる頃にはからし成分が揮発して、タダのペヤングに成り下がる…

熱々を容赦なくすする焼きそばの醍醐味だけが奪われる残念な味付けに、してやられたわ…(*_*;
posted by sahitahu at 12:30| Comment(0) | グルメ

2018年10月14日

トラベルクッカー拡張実験3

トラベルクッカーのヒーター部は丸みがあるため、安定性を上げるための一工夫。
20181014_1.jpg

自作の五徳を噛ませてみました。
20181014_2.jpg 20181014_3.jpg

角形と丸形の組み合わせがマズイのなら…と今度はmont-bellの16cm鍋を使用。
その上に、フライパン…ではなく、シリコン鍋を置いてみたら、これがすっぽり綺麗に入りました。
あまりにもピッタリなので、蒸気が抜けるように爪楊枝を1本噛ませました。
20181014_4.jpg

具材の方も、奥殿監修の元、冷やご飯、唐揚げ、野菜類をチョイス。
20181014_5.jpg

ヒーターと鍋の接触具合を考慮して、炊飯時間は1分増やして16分。(水加減は、米100ccに対して水150cc)ヒーターの電源が落ちたら15分蒸らして、鍋を外そうとしたところでトラブル発生!

蒸らし中の温度低下を防ぐため蒸気抜きの爪楊枝を外したのがまずかったようで、鍋が冷えるに従ってシリコン鍋が吸い込まれて、中のご飯が真空圧迫されて五平餅みたいに潰れてしまいました。
芯が残らない炊き加減は絶妙だっただけに惜しい!
20181014_6.jpg

ということで、ちょっとトラブルはあったものの、mont-bellの鍋でも米がちゃんと炊けることは分かりました。14cmの小鍋の代わりにヒーターとドンブリを入れ、オリジナルトラベルクッカーに仕上げましたが、純正の角鍋より一回り大きくて深いため、実際にスーツケースに入れてみると、ちょっと出っ張って収まりが悪い…。
20181014_7.jpg 20181015_8.jpg

鍋の性能的にはmont-bellが上なんだけど、収納性では純正が一枚上手…うーん、どうしようかなぁ。



posted by sahitahu at 09:33| Comment(0) | グルメ

2018年10月13日

トラベルクッカー拡張実験2

今朝も引き続き、朝食代わりに実験。
今度は、トラベルクッカーの角形鍋に米を入れて、その上に双代わりにフライパンを置いて炊飯調理。
20181013_1.jpg

今日は奮発してウインナーも入れちゃいました。
卵の仕上がりは、先日のシリコン鍋と似た感じでしたが、ひっつかないだけアドバンテージ。ウインナーもしっかり温まってました。
20181013_2.jpg

ご飯も炊けましたが、ちょっと芯が残った感じ。
角形と丸形を合わせる場合、隙間の空き加減が難しいところですな。
20181013_3.jpg
posted by sahitahu at 08:33| Comment(0) | グルメ

2018年10月12日

トラベルクッカー拡張実験1

ネットのブログ記事で、トラベルクッカーの上に100均のフライパンを載せて炒め物をする強者がいらっしゃることを知りました。

そこで、mont-bellのクッカーセットのフライパンを買ってしまいました。
16cmと14cmの鍋に、16cmのフライパンが付いて4900円(税抜)也。
20181012_1.jpg

帰宅したら、夜な夜なフライパンを洗って、目玉焼き実験。
トラベルクッカーのヒーター部は少し丸みがあるので、平らなフライパンの全面は接触しませんが、少し時間をおくとそれなりに熱が回って、卵を落とすと「ジュッ」と焼ける音もしました。
mont-bellのクッカーセットを選んだのには理由がありまして、この手のキャンプ用クッカーセットのフライパンには蓋が付かないケースが多いのですが、mont-bellのものはフライパンにも蓋が付くので、火力不足なトラベルクッカーの場合は蓋をして蒸し焼きが出来た方が良いだろうなぁ…と。
今までの炊飯調理と違って、黄身の表面もうっすら白くなって美味しそう!
20181012_2.jpg 20181012_3.jpg

トラベルクッカー付属の鍋と違ってしっかりフッ素加工しているので、油を引かなくてもくっつかず、お手入れも楽々。むう、これはいいかも。

posted by sahitahu at 21:42| Comment(0) | グルメ

2018年10月05日

トラベルクッカー5日目朝

出張最終日の朝。
今朝は普通に炊飯だけして、炊けたご飯をどんぶりに移したら、軽く洗ってもう一調理。
20181005_1.jpg

冷蔵庫の残っていた卵×2、ネギのみじん切りを使って、アゴ出汁たっぷりの卵どんぶりですよ。
20181005_2.jpg
posted by sahitahu at 07:26| Comment(0) | グルメ

2018年10月04日

トラベルクッカー4日目朝

昨日に続いて目玉焼きの炊飯調理と、冷や奴。
醤油はチョーコー醤油で。
20181004_1.jpg

夜は、仕事仲間と会食で、自炊なし。
posted by sahitahu at 07:17| Comment(0) | グルメ

2018年10月03日

トラベルクッカー3日目夜

台風の影響か、葉野菜がメッチャ高いので今夜は菌活・キムチ鍋にしました。
出張中はカロリー過多気味なので、肉も鶏のササミでヘルシーに…。
20181003a_1.jpg

煮えたところはこんな感じ。
20181003a_2.jpg 20181003a_3.jpg
posted by sahitahu at 20:57| Comment(0) | グルメ

トラベルクッカー3日目朝

昨日に引き続いて、今朝もタイマー炊飯。
今朝は安心して寝て、ご飯が炊ける香りで目が覚めるという何とも贅沢な朝でした。(≧▽≦)

昨夜はさらにちょっと一工夫。
シリコン鍋に卵を一つ割って入れて、トラベルクッカーの上に載せて炊飯調理。
20181003_1.jpg 20181003_2.jpg

今朝の様子。
ぱっと見た感じ、白身は完全に固まってました。黄身が生っぽい色合いでしたが、実際に食べてみると全熟の一歩手前の半熟状態でしたので、加熱力はソコソコあるようです。
20181003_3.jpg

今朝の朝食は、目玉焼きとネギたっぷり納豆。
20181003_4.jpg
posted by sahitahu at 07:34| Comment(0) | グルメ

2018年10月02日

トラベルクッカー2日目夜

今日はニラが特売だったので、豚ロースやモヤシと一緒にトンコスープ鍋にしましたよ。
20181002a_1.jpg

鍋が煮えるまで耐え忍んだホットディシュラン時代を思えば、トラベルクッカー鍋は正に天国。附属のどんぶりに取り分けて、七味を振れば至福の一時…。(≧▽≦)
20181002a_4.jpg 20181002a_5.jpg

付け合わせは、地元産の豆の味がしっかりする美味しい木綿豆腐に納豆を添えて…。
20181002a_2.jpg 20181002a_3.jpg
posted by sahitahu at 20:47| Comment(0) | グルメ

長期主張の新兵器

長期出張も回を重ねるに従って外食にも飽きてしまい、最近は身体と財布の健康のためにホテルで自炊しております。そのために「ホットディシュラン2」を買って数回運用してみました。
おかずも温められるタイマー付炊飯器で朝食用には十分な性能なのですが、200W@100Vと火力が弱く、釜(鍋)の容量も300〜400cc(取り皿一椀分)くらいしかないため、残念ながら夕食で鍋をするには向きませんでした。また、可搬性は考慮されておらず、小さく畳めないのでスーツケースの中で非常にかさばるのもマイナスポイントでした。

そこで、それ以前に使っていた「ヤザワ・トラベルマルチクッカー」を復活させることにしました。
コイツも250W@100Vと火力はそれほど高くないのですが50Wの差は意外に大きく、鍋のサイズは1.3Lほどあって一人鍋をするには困りません。また、元々旅行用グッズなので、ヒーター部を鍋の中にしまってコンパクトにしまえるのも利点です。

ただし、トラベルクッカーにはタイマー機能がないので「寝る前に朝食を仕込んで、炊きたてを朝頂く」をするためには一工夫が要ります。
そこで投入したのがこちらのデジタル式24時間タイマー「REVEX・PT70DW 」。現地のホームセンターで1500円弱でした。(amazonで見ると1000円くらいですね)1分単位でON/OFFが13プログラムまで設定できる優れもので、よくあるアナログ式のものよりずっと正確な制御が可能(なハズ)です。
20181002_1.jpg

これを噛ませて、6時30分からONして加熱を開始し6時45分にOFF(=15分加熱)になるよう設定してみました。蒸らし時間15分を入れて、ちょうど7時に炊き上がる設定です。

今朝はちゃんと炊けているかが心配で、結局6時過ぎに目が覚めてクッカーを眺めてましたが、かなり正確に15分だけ加熱していました。
20181002_2.jpg

蒸らし時間を終えて、蓋を開けてみると…見事に炊きたてご飯が出来ていました。
20181002_3.jpg

そして出張二日目・今朝の朝食。
20181002_4.jpg


※ちなみに、ホットディシュラン2は内勤時の弁当用に活躍しております。
posted by sahitahu at 07:26| Comment(0) | グルメ

2018年09月24日

超超超大盛 GIGAMAX

近所のコンビニで見つけて衝動買い(≧▽≦)
ペヤングソース焼きそばの「超超超大盛 GIGAMAX」
20180924_1.jpg

麺をほぐすための湯だけで1Lくらい消費します。
20180924_2.jpg

1パックで、食べ盛りな子ども3人前+αが賄えましたよ。
20180924_3.jpg

チビ若君曰く「匂いだけでも美味しいわ」…至極名言。
posted by sahitahu at 12:21| Comment(0) | グルメ