2019年08月29日

1/1000宇宙戦艦ヤマト2202改造記〜その3

一晩おいて、電池ボックスのパテも乾いたので艦体を組み上げます。

まずは後部エンジン周り。
20190829_1.jpg

そして前部と合体。
20190829_2.jpg

電飾スイッチ部。
20190829_3.jpg

そして、点灯確認。
20190829_4.jpg 20190829_5.jpg

さて、これで週末には親子でプラモ製作が出来そうです。
posted by sahitahu at 20:45| Comment(0) | 模型・RC

2019年08月28日

1/1000宇宙戦艦ヤマト2202改造記〜その2

昨日の波動エンジン構築手術の続き。

このキットには、艦載機発進口が2種類付属しています。一方は完全再現の蓋のみタイプ、もう一方は別売りのアクションベース用の接合穴が付いたタイプです。今回はこのアクションベース用接合穴にトグルスイッチを埋め込んで、電池交換以外はボディを開けなくても遊べるようにします。
20190829_7.jpg

また、劇中では波動砲は全動力を集約してエネルギーを充填するので、波動砲が光るときに他の電飾が光るのはおかしい。そこでトグルスイッチの切り替えで、波動砲のみor艦橋+エンジンが光るように配線します。(真ん中でOFF)
20190827_15.png 20190829_6.jpg

----

トグルスイッチは、基板用のMSー620(ON-OFF-ON)を使用します。
20190829_1.jpg

このままでは上手く固定できないので一工夫。5mm厚くらいの厚手の革(赤)を8mm角に切り出して中央にφ5mmの穴を開け、トグルスイッチのネジで固定します。この革部分をベースの接合穴にねじ込んで固定します。
20190829_2.jpg 20190829_3.jpg

実際に挿入してみるとなかなか良い感じ。念のため、スイッチのお尻側をグルーガンで補強接着しておきます。
20190829_5.jpg 20190829_4.jpg

配線が完成したら、艦体に埋め込みます。波動エンジンと補助エンジンは純正でもケーブルを這わせる設計なのですが、今回はトグルスイッチの分だけ狭くなってるので窮屈になりましたが何とか収まりました。艦橋をまだ組んでませんので、艦橋の発光ユニットは裸のままです。
20190829_8.jpg 20190829_10.jpg

トグルスイッチを動かして動作チェック。波動砲もエンジンも上手く光ってますね。
20190829_9.jpg 20190829_12.jpg

艦底側の状況。ちょっとケーブルが長すぎましたが、問題なく収容できそうです。CR2032の電池ボックスは基板用のものにケーブルをハンダ付けしているので、補強のためエポキシパテを巻いておきます。
20190829_11.jpg

パテが乾いたら、しっかり艦体を再構築してチビ長男に返却です。(^^)
posted by sahitahu at 23:53| Comment(0) | 模型・RC

2019年08月27日

1/1000宇宙戦艦ヤマト2202改造記〜その1

朝出勤前に「帰りに接着剤を買って帰るから、一緒に作ろうね!」と言ってたのに、帰宅したら既に建造が始まってました…(゚Д゚)
20190827_1.jpg

説明書には「接着剤要」と記載がありましたが、接着するのは甲板上の艤装関係の細かいパーツだけで、艦体の組み立ては接着無しで組めるみたいです。

-----

さて、この1/1000ヤマト、LEDの電飾で波動砲・第一艦橋・波動エンジン・補助エンジンを光らせることが出来るんですが、キットに含まれるLEDユニットは波動砲と第一艦橋のみで、波動エンジンと補助エンジンのノズル発光ユニットは別売オプションになります。

まず、キット付属の純正LEDユニットはφ3mm砲弾型LED×1で、ボタン電池LR41×2個=3V駆動のキャンドル型です。キットには2つ同梱されていて、1つは第一砲塔下あたりに横向きに仕込んで波動砲を光らせ、もう一つは艦橋下に上向きに仕込んで第一艦橋を光らせるのに使います。
バンダイ公式サイトだと1個756円(ネット通販でも500円超)となかなか高価なユニットなんですが、作りは100均で2個108円で売ってるLEDキャンドル並で、チビ長男が組み立てても光りませんでした。指で押さえると光るので、接点の接触が甘いんでしょう。
20190827_6.jpg


次に、別売の発光ユニットは電池ユニットからケーブルが生えたタイプで、φ3mm砲弾型の白色LED×2です。公式サイトで受注生産で定価2200円、入手のしにくさからかAmazonなどのネット通販では高騰してて4000円近くもします。電池はLR44×3個=4.5V駆動みたいです。

全部内蔵したら、LR41×4個+LR44×3個も電池が要ります。
さらに、ヤマトの取扱説明書を見ると、波動砲と第一艦橋のLEDユニットは上甲板を外してオンオフ、波動エンジンの発光ユニットは船底を外してオンオフという、小学生低学年には壊して下さいと言わんばかりのクソ仕様…。これはDIYな父の血が騒ぎます。
20190827_2.jpg

試みに、3V駆動のCR2032の電池ボックスを別売発光ユニットの収納部に入れてみるとかなり余裕があり、普通に自作しても問題なく収容できそうです。
20190827_3.jpg


ということで、スターシアさんには悪いけど、イスカンダル(=バンダイ)の設計図は無視して、さひたふ独自の波動エンジンに載せ替える新ヤマト計画発動!(≧∀≦)
色んな種類の電池を混在させるのも嫌なので、波動砲と第1艦橋も電飾ユニットを交換して、CR2032×1個で全ての電飾の電力を供給する形での再構築を目指します。ただし、不可逆な改造はしません。


まずは、手持ちの白色LEDを簡易配線で入れてみて、補助エンジンがちゃんと光るか確認。上手くいきそうですね。
20190827_5.jpg20190827_4.jpg


次に、波動砲基部。LEDを保持するアダプタを作ります。木円盤の中心にφ3mmの穴を開けてM3ネジを通し、ミニルーターで高速回転させながら削って直径を純正LEDユニットと合わせます。直径が合ったらネジを外して手研磨で厚さを調整します。中心穴にLEDの足を通して完成です。
20190827_9.jpg 20190827_10.jpg

青色LEDだと青が濃すぎて波動砲らしくなかったので、白色LEDにクリア塗料を塗って波動砲らしい水色に仕上げます。自作ユニットをアタッチメントに入れて発光テスト。良い感じですね。
20190827_11.jpg 20190827_12.jpg

艦橋はまだ組んでいないので、艦首に仕込んで上手く光るかも確認します。こちらも問題なさそうです。

<純正ユニット>
20190827_7.jpg 20190827_8.jpg

<自作ユニット>
20190827_13.jpg 20190827_14.jpg


簡易配線でエンジンも波動砲も発光させられるのを確認できたので、今日はここまで。
posted by sahitahu at 23:55| Comment(0) | 模型・RC

2019年08月26日

1/1000宇宙戦艦ヤマト2202

「プラモデルなんて作ったらおわりやん」というプラモ反対派な母に

「4k超のプラモは、誕生日プレゼントとしては高価すぎる」

と言われたチビ長男、

「夏休みワークを一冊やりきったら、そのご褒美と誕生日祝と合わせて…」(←父の入れ知恵)

と交渉し、みごと夏休みワークをコンプリートしてゲットした1/1000ヤマトのプラモデル。
プラモは男のロマン、チビ長男の新たなる旅立ちか?
20190826_1.jpg
posted by sahitahu at 20:37| Comment(0) | 模型・RC

2019年06月08日

波動砲艦隊計画2019〜其の13

今日はついに波動砲艦隊の初出動。
2年前は一本釣りマグロのように横向きに飛んでった「キリシマ」の雪辱を果たすべく、完成したアンドロメダ級2艦を出動させました。(チャッチャラ〜ラ、パラリラリ〜♫)
20190608_1.jpg 20170604_1.jpg
※右写真は、2年前の「キリシマ」。

事前の確認通り、発射カタパルトにも正常に接続、5秒前・4・3・2・1…発進!
20190608_4.jpg


皆の想いを乗せて(?)カタパルトを滑り出したアンドロメダ級でしたが、波動エンジンの出力不足で5mほど飛んで不時着…。もともとA4紙8〜9枚相当の装甲で覆われている上、見栄え重視で400mlの細いペットボトルを波動缶に使ったのが裏目に出たようです。

アルミテープで補強した零号艦は後部ショックカノンが少し曲がっただけ、そしてカラーリングも頑張った初号艦は、着陸時のショックで艦橋構造物がもげたものの、部品は無事回収…ということで、ボディの強靱さはある程度立証されましたが、残念ながら見かけ倒しな結果に終わりました。(まるで、初期型ジ○ノーンやな)

そして、役目を終えた両艦は、家に持って帰っても廃艦処分になるので、応急補修で破損箇所を簡易復元の上、「どうしても欲しい」という参加者の男の子2名に先着順で貰われていきました。


ということで、来年へ向けた課題。
(1)波動缶(ペットボトル)をレギュラーな500mlボトルに換装。
(2)軽量化(使用材料の見直し)
(3)量産化(飛行後、できるだけ多くの希望者にプレゼントできるように…)

20190608_2.jpg 20190608_3.jpg
零号艦(シルバーモデル)261.5g、初号艦(カラーリングモデル)226.0g。飛行に耐える強度を維持しつつ、どこまで軽量化できるかが課題ですな。
posted by sahitahu at 22:51| Comment(0) | 模型・RC

2019年05月20日

波動砲艦隊計画2019〜其の12

途中で建造放棄されていたシルバーVerも可哀想なので仕上げることにしました。

が…

大量備蓄されていた豆乳パックが底をつき、主砲が艤装出来ませんでしたorz
20190520_1.jpg


途方に暮れていたそんなとき…いいモノを見つけました。
キッチンのレンジ周りの防汚に使うアルミシート@298円也(某ホームセンター)。厚紙の両面にアルミシートが貼り付けてあって、耐水・耐油性があります。
20190520_2.jpg

これを使って、ショックカノン4台を製作。
豆乳パックより薄くて折り目のメリハリが付けやすく加工性は良好。強度的にはちょっと落ちるかな?
20190520_3.jpg

そして完成!ようやく「艦隊」と呼べる規模になりました。
型紙実験艦を含めて全長約60cmのアンドロメダ級3艦、なかなか壮観ですよ。
20190520_4.jpg

posted by sahitahu at 21:51| Comment(0) | 模型・RC

2019年05月12日

波動砲艦隊計画2019〜其の11

完成したアンドロメダ型ペットボトルロケット、ちゃんと発射台に接続できるかどうかを確認。
子ども教室では1.5Lボトルまで対応できるタカギの発射台を使っているので、500mlボトルを波動缶に使った本艦は接続できるはず…と思いつつも、当日見かけ倒しで打ち上げられなかったら悲しいので、備品の噴射口と、カタパルトを借りてきて現物確認。

まず噴射口の接続。ボトル本体を握りながら回せるように細口のボトルを選びましたので、ここは問題ないでしょう。
20190512_1.jpg

そしてドキドキしながらカタパルトへ…
20190512_2.jpg

心配していた補助エンジンも上手く回避して無事接続できました。
20190512_3.jpg 20190512_4.jpg

あとは、当日の打ち上げを待つのみですね。

【備忘録】タカギのペットボトル発射台部品
https://hi.takagi.co.jp/products/list.php?category_id=78
posted by sahitahu at 11:21| Comment(0) | 模型・RC

2019年05月10日

波動砲艦隊計画2019〜其の10

最後に、前部ショックカノン×1と下部大型タンク×2を組み立てて…
20190510_8.jpg

艦体に取り付けらたらついに完成!
結局、追加のデコレーションパーツ分も含めて型紙はA4紙×10枚になりました。材質はペットボトル×3本、1000ml豆乳パック×20枚(30枚?)超、超強力両面テープ×1巻、ビニルテープ適宜、透明ガムテープ適宜…なので、基本的に子ども達がロケット製作に使う材料と同じ。
ロケットの推進装置となる「ロ号艦本イ400式改二・次元波動缶」は、セブンイレブン限定発売だったスタバ炭酸水390mlをつなげたので、通常の500mlよりやや細身です。
20190510_1.jpg20190510_2.jpg
20190510_3.jpg20190510_5.jpg

全長は艦本体で約60cm、ボトルの推進ノズル部をあわせると65cmくらいでしょうか。
20190510_4.jpg

底面からのアングル。
20190510_6.jpg


去年製作した型紙実験艦との比較。変更したのは、
・前甲板を1cm延伸
・波動砲口の幅を左右各2mm(計4mm)ダウンサイジング
・艦首レーダードーム(?)を追加
・ショックカノン砲身15mm延伸
・補助エンジンノズル形状変更 くらいなのでで、第一砲塔より後ろはほぼ同じサイズですが、全体的なシルエットは変更後の方がそれっぽくなりました。
20190510_7.jpg

あとは、ペットボトルロケットの発射台にちゃんと収まるかどうか…そして、ちゃんと飛ぶかどうか?ですね。
posted by sahitahu at 07:56| Comment(0) | 模型・RC

2019年05月07日

波動砲艦隊計画2019〜其の9

後部ショックカノンの製作。
試作2まで砲身を伸ばすと紙だけでは強度に不安が出てきたので、アルミテープを内側に巻いて補強しました。
20190507_2.jpg

本体に載せるとこんな感じ。まずまずではないかい?
20190507_1.jpg
posted by sahitahu at 22:51| Comment(0) | 模型・RC

2019年05月06日

波動砲艦隊計画2019〜其の8

ショックカノンの製作はいったんおいて、本体のディチールアップ。
「ペットボトルロケット」なので、子ども達と同じく、ビニルテープでデコレーションしました。全体的に色を付けると、ずいぶんらしくなりますね。
20190506_1.jpg

第一艦橋のスリットは、両面テープとクリーム色ビニルテープを経緯に貼り合わせてシートを作って、型紙シールを貼って切り出しました。スリット幅は1mm。スリットの下には緑ビニルテープで色付けしてますが写真が小さくてわかりづらいですね。第2艦橋のスリットは、本体と同じく豆乳パックにスリット。こちらの方が厚みがあって切り出しが大変でした。
艦橋側面は丸い構造物が複数あるのですが、ビニルテープをポンチで丸く抜いて製作しています。もともとボディ側も忠実再現ではないので、それっぽく適当にデコレーションしました。
20190506_2.jpg

後方から。メインノズルはダークグレーなのですが、ビニルテープのグレーではちょっと薄すぎるので、代替で紺色のテープを使いました。補助エンジンのノズルは、表面を同じく紺色、内面を赤で貼り、中心に黒テープで丸を付けました。メインノズルの内側も赤く貼っておけば良かったかなぁ…。
20190506_3.jpg


本体のデコレーションもだいたい終わったところでショックカノンに戻ります。
アンドロメダのショックカノンは、ヤマトより扁平で長いイメージなのですが、これ以上低くすると紙を折るのが大変なので、砲身を伸ばしてごまかすことにしました。
20190506_4.jpg

載せてみるとそんなに変わらないかも?
20190506_5.jpg
posted by sahitahu at 12:47| Comment(0) | 模型・RC

2019年05月05日

波動砲艦隊計画2019〜其の7

前部ショックカノンの試作。

砲台は本体同様、豆乳の紙パックをそのまま利用します。
20190505_1.jpg

砲身は直径約3mmに丸めたいので、表裏に割いて裏の銀面だけ使います。
20190505_2.jpg

パーツを切り出したところ。砲身は完全固定ですが、可動部を表現するため黒ビニルテープで色を付けておきます。前部カノンの装甲は艦首と同じクリーム色のビニルテープで色付け。
20190505_3.jpg

砲台組み上げ途中。砲台表面の縦長穴と、内部補強板の丸穴の2カ所で砲身を支えます。砲身の尻には抜け防止でビニリテープを巻いておきます。
20190505_4.jpg

砲台が組み上がったら、最後に装甲を重ねて完成です。
20190505_5.jpg 20190505_6.jpg

艦体に載せたらこんな感じ。
20190505_7.jpg
posted by sahitahu at 16:27| Comment(0) | 模型・RC

2019年05月04日

波動砲艦隊計画2019〜其の6

補助エンジン本体×4を製作。ベコベコしないように中にアルミホイルを詰めてます。
20190503_1.jpg 20190503_2.jpg

ブリッジ周りの構造物も作りました。全部取り付けるとこんな感じ。だいぶんらしくなってきましたね。
20190504_1.jpg 20190504_3.jpg

前からと後ろから。鼻先だけ色が付いてるので、他の部位はちょっとノッペリした感じ。
20190504_2.jpg 20190504_4.jpg
posted by sahitahu at 13:43| Comment(0) | 模型・RC

2019年05月01日

波動砲艦隊計画2019〜其の5

艦体がほぼ仕上がりました。
上の鼻先まで銀色のが旧モデル、下の鼻先がクリーム色なのが新モデルです。色合い的にもギラギラしすぎずアンドロメダらしくなりました。
20190501_1.jpg 20190501_2.jpg

重さを量ってみると、旧モデルが111.5gに対して新モデルは72.0gで大幅な軽量化にも成功しています。
20190501_3.jpg 20190501_4.jpg
posted by sahitahu at 15:33| Comment(0) | 模型・RC

2019年04月30日

波動砲艦隊計画2019〜其の4

これまでナイスタックの強力タイプ(No.3)を使っていたんですが、ポリエチレンコートされた紙パックの接着にはやはり不向きで剥がれやすいため、表からアルミテープでゴテゴテ補強していたのですが、アルミテープは重くてギラギラ光って格好悪いのでゼロベースで見直すことにしました。←(≧▽≦)おい!

某ホームセンターで見つけた超強力両面テープ、ポリエチレンにも使えるタイプなので、豆乳パックの銀面の色を生かした加工が出来そうです。
20190430_7.jpg

一番複雑な形状で、強度も求められる艦首構造はパーツ割りを見直して再構築。ついでに全長も1cm伸ばしました。 
20190430_1.jpg 20190430_2.jpg

アンドロメダの代名詞・連装拡散波動砲の砲口部分。前作はちょっと幅が広すぎる感があったので左右各2mmダウンサイジングしています。
20190430_3.jpg

艦体の先から1/4くらいの部分。従来は1パーツで構成(ほぼA4サイズいっぱい)していましたが、紙パックに写すとパックの折り目が入ってしまうので、2パーツに分割して合体させるように変更。砲口の周りに巻き付けるように貼り合わせて、最後に上部を閉じれば完成です。
20190430_4.jpg

波動砲口のデコレート。まず赤ビニルテープを貼り込んで…
20190430_5.jpg

黒と黄色のビニルテープをポンチで丸く抜いて重ね貼り。なんか鳥除けの凧みたいですね。
20190430_6.jpg

そうそう、この作業の間にデザインナイフの柄が折れました。
去年100均で買った柄でしたが、細かい部品を押切している最中にポッキリ…。高校時分に買った30年モノのオルファ純正はまだまだ現役なので、やっぱり道具は安いのを買ったらだめですね。
20190430_8.jpg
posted by sahitahu at 18:34| Comment(0) | 模型・RC

2019年04月26日

波動砲艦隊計画2019〜其の3

今夜の進捗。

推進側のペットボトルも先細のボトルに交換。
20190426_1.jpg

艦首が収まることを確認。
よく飛ぶペットボトルロケットの黄金比では、直径の10倍以上の長さが要るらしい。ちょっとギリギリ…もう少し伸ばそうかなぁ。
20190426_2.jpg

あとは、艤装の製作。側面の半ドーム、前方の安定翼(?)、メインブリッジ基部とブリッジ後ろの尾翼(?)まで。
20190426_3.jpg 20190426_4.jpg
posted by sahitahu at 01:26| Comment(0) | 模型・RC

2019年04月25日

波動砲艦隊計画2019〜其の2

今夜の進捗。
艦首より後ろの艦体を組み、ペットボトルを3本繋いで波動缶の製作。
20190425_1.jpg

波動缶が長すぎて、艦首が収まりませんでした。orz
20190425_2.jpg
posted by sahitahu at 01:02| Comment(0) | 模型・RC

2019年04月13日

波動砲艦隊計画2019〜其の1

昨年、型紙実験艦の製作までして放ったらかしになっていたペットボトルロケット作例「波動砲艦隊計画」を再始動。

まずは、昨年の計画中に型紙フルスクラッチで組み立てて最終チェックした設計データを引っ張り出して、「きれいに剥がせるシール(A4フリーカット)」に印刷します。
20190413_1.jpg 20190413_2.jpg

それを豆乳の角パックに貼り付けて、線に沿って切り出します。
20190413_4.jpg 20190413_3.jpg

レザークラフト用の鉄筆で折り線をなぞったら、シールを剥がして折り目を付け、内側の銀面を表にして両面テープなどを使って組み立てていきます。とりあえず今日は艦首波動砲が完成。
20190413_5.jpg

中から見るとこんな感じ。あくまで、子ども達のペットボトルロケットと同じ材料での製作にこだわる予定ですが、豆乳パックは型紙より分厚く、両面テープの付きが悪いので、製作難易度は高めです。
20190413_6.jpg
posted by sahitahu at 22:40| Comment(0) | 模型・RC

2018年11月28日

アンドロメダ級5艦セット

子供達にメカコレクションのヤマトシリーズをプレゼントしていたら自分も作りたくなって5艦セットを衝動買い!(≧▽≦)
箱のサイズはばかデカいですが、中身はいつものメカコレクションです。
20181128_1.jpg 20181128_2.jpg

posted by sahitahu at 21:43| Comment(0) | 模型・RC

2018年07月29日

波動砲艦隊計画〜其の13

これまで各部の微調整を繰り返してきた型紙実験艦をフルスクラッチ。

結局、A4サイズ9枚の大作になってしまいました。(^^;)
20180729_1.jpg

全てのパーツを切り出したところ。
20180729_2.jpg

途中はすっ飛ばして、完成品全景。
20180729_4.jpg 20180729_3.jpg

中央部アップ。
20180729_5.jpg 20180729_6.jpg

後部から。
20180729_7.jpg 20180729_8.jpg

そして、腹側。
20180729_9.jpg

型紙実験艦初期モデルとのツーショット。
大分らしくなりました。
20180729_10.jpg
posted by sahitahu at 19:42| Comment(0) | 模型・RC

2018年07月18日

波動砲艦隊計画〜其の12

ショックカノンの形状を微調整。
20180718_1.jpg

むう、良い感じ!(自画自賛)
20180718_2.jpg
posted by sahitahu at 20:15| Comment(0) | 模型・RC