2021年08月28日

LaserPecker2

4月にクラウドファンディングしたレーザー彫刻機がようやく届きました。(≧∀≦)
8/25に着荷していたのですが、出張中だったので開封が今日になりました。
20210828_01.jpg

早速、マウスパッド代わりにしてる牛本革の端切れに刻印。5Wレーザーの出力は伊達ではなく、刻印スピードも速くてなかなか良い感じですが、臭いがちと大変…(´・ω・`)
20210828_02.jpg

あと、刻印したままだと炭が付くので、軽くふき取ったあとトップコートしました。
20210829_03.jpg

でもね…なんか支援した内容と届いた内容が合わないんですよね。
私は「全部盛り」の「MAX」を頼んでるんですが、届いたのは一つ下のグレードの「Deluxe」ぽい感じ。
一度確認してみないと…。

【2021.9.2追記】
やはり、8月時点では「Deluxe」相当の機材のみ着荷していて、「MAX」に相当する残りの機材は9月中旬発送になるそうです。「全て同梱して送ると重すぎて雑に扱われてしまうから…」とか理由付けされてましたけど、それなら2つに分けて同送するなり出来るだろうし、時期をずらした後送になるにしても、その旨を同梱書類なりメールなりで予め入れておいて欲しいところです。
まあ、クラウドファンディングだし、その辺は仕方ないのかなー。
posted by sahitahu at 11:00| Comment(0) | DIY

2021年05月15日

紫外線ペンライト(UV接着剤用)

最近、DIYでよく使うUV接着剤。
接着剤を降下させるためにボタン電池式の紫外線LEDライトが同梱されているのですが、スイッチが小さくて使いにくいのです。電池もすぐへたるし…。

一時期は、UVレジン用のライトを転用したりしてたんですが取り回しがしづらい。
そこで、市販のLEDペンライトを改造してみることにしました。

先端の白い種子パーツの所をペンチで引っこ抜くと、下のような基板が出てきます。
20210515_01.jpg

半田ごてでLEDを取り外したところ。
20210515_02.jpg

あとは、秋月で買ってきた410〜420nmのLEDを半田付けすれば完成。目視で見たら純正と同じような色合いで、接着剤もちゃんと固まりました。が、写真に撮ってみると微妙には町域が違うようにも見えます。
20210515_03.jpg

あ、純正のライトをばらしてLEDを転用すれば良かった…と思っても後の祭り。
やり直すのは面倒なので、しばらくこれで様子見ます。(^^;)
posted by sahitahu at 19:40| Comment(0) | DIY

2021年04月17日

押入リフォーム

奥様からの要望で、半間の押入をクローゼットにリフォームすることになりました。固定の棚板は上下二段、上段は奥行き半分のハーフサイズ、下段はフルサイズです。
20210417_01.jpg

facebookのDIYグループで押入の解体方法を教えて貰って早速実践。ハーフサイズの上段から取りかかります。
棚板上面の三片を固定している細木の隙間にバールを突っ込んで引き剥がします。どうせ壊す部分なので、思い切ってざっくり突っ込みました。
20210417_02.jpg 20210417_03.jpg

次に棚板を外します。釘固定なので、正面からバールを突っ込んでバリバリ割りながら剥がします。
20210417_04.jpg

剥がしたベニヤの裏にこんなシールが…。建築当時(50年以上前)のものです。
20210417_07.jpg

棚板が外れたら、最後に前側の棚受けをノコギリでカットして引き抜きます。
20210417_05.jpg

上段は棚がハーフだったからか、刺してあるだけですぽっと抜けました。
20210417_06.jpg

上段が終わったら下段に取りかかります。
細木を外してベニヤを剥がすのは同じ。
20210417_08.jpg 20210417_09.jpg

が…ここで難関。下段はフルサイズだったからか、前面の棚受けが太い釘でしっかり固定されていて動きません。棚受けの中央部を二箇所カットして隙間を作ってから、グラグラと左右に振りながらゆっくり引き抜きます。柱のほぞの角が少し割れてしまいましたが、まあ綺麗に抜けたのではないかな。
20210417_10.jpg

棚受けを抜いた後の穴には、棚受けの木を切って埋めました。
20210417_11.jpg 20210417_12.jpg

20210417_13.jpg 20210417_14.jpg

隙間をパテで埋めて、最後に塗装。カビ対策も兼ねて防カビ剤入りの塗料を使いました。
20210417_16.jpg 20210417_17.jpg

乾いたら、ハンガーパイプを仕込んで完成予定です。
posted by sahitahu at 21:47| Comment(0) | DIY

2021年02月22日

ベッセル・電動ボールグリップドライバー

前から気になっていた電動ドライバーの記念モデル(六角ビット3本追加)を見つけて衝動買い。(^^;)
20210222_1.jpg

実際使ってみると、途中のネジネジを電動でやってくれるだけで、最後の締め込みは手動でやらないといけない。従来の電動ドライバーがエンジン付のバイクだとすると、このドライバーは電動アシスト自転車って所。

勢い余ってネジ山を潰すこともなく、普通の手動ドライバーサイズで小回りも利くし、意外に面白いアイデアかも。
タグ:DIY
posted by sahitahu at 21:52| Comment(0) | DIY

2021年02月07日

こたつ円卓テーブル

我が家のダイニングテーブルは、40年モノの飛騨家具の一本足円卓です。
私が小学生時分に両親が清水の舞台から飛び降りるつもりで買ったもので、足回りに多少ガタは来てますが、購入当初から天板をガラス板で保護しているので、天板はまだまだ綺麗。とはいえ、奥様から冬の暖房費軽減のためこたつ化の要望があり、今年は外観を最大限生かした大改造を決行。
20210201_1.jpg 20210201_2.jpg

20210201_3.jpg

こたつの周囲は膝掛け用のフリース毛布×6枚をパイン材にボタン留め。
20210202_5.jpg

20210202_6.jpg 20210202_7.jpg

毛布の継ぎ目から足を入れるようにしたので、暖気ロスも最小限。
20210202_4.jpg

パイン集成材とニトリの組立机の足で、φ110cmの6本足の円卓こたつを作って、足を外した飛騨家具の天板を載せました。飛騨家具の足は、いずれ復活できるように納戸行き。

タグ:DIY
posted by sahitahu at 18:20| Comment(0) | DIY

2020年09月12日

アンダーマスク

マスクと鼻口の隙間を確保して息をしやすくするアンダーマスク。
これまで愛用してた黒いヤツは、少し大きめでユニ●ロマスクのMだとはみ出してしまいます。

そこでネットで見つけた白いのを購入。
黒い方は軟質シリコンで1個800円くらいでしたが、白い方はやや固めのシリコンで5個800円くらい。
20200912_1.jpg

一回り小さくてマスクにすっぽり入り、密着度が良くなりました。開口部が多いのでさらに息がし易く、プリーツマスクのヒダに引っ掛けて固定するフックも付いてて機能的。
20200912_2.jpg 20200912_3.jpg
posted by sahitahu at 21:00| Comment(0) | DIY

2020年07月10日

江坂ハンズ

先週末、かなり久方ぶりに江坂ハンズへ。
3Fフロアをよそに貸して、DIY系の売場が大幅縮小されて久しいのですが、近くにホムセンなんかなかった青春時代、北急の格安運賃で行けて、他では売ってない素材がオサレに陳列されたフロアは正に宝の山でした。
最近は都心部の店舗(百貨店とコラボ)を拡充して郊外のホムセンと差別化を図ってるようですが、江坂ハンズのあの特別感をもう一度…と思うのは私だけか?

ちなみに、写真はわずかに残ってるレザークラフトコーナーで見つけたポンチシャープナー。意外に梅田店では置いてないんですよね。
20200710a_1.jpg
posted by sahitahu at 21:00| Comment(0) | DIY

2020年06月20日

ケルヒャー・パイプクリーナーホース

奥様が風呂の排水が悪いというので、新兵器・パイプクリーナーホース(ケルヒャーの純正オプション)をAmazonでポチリ。
20200620_1.jpg

排水パイプを綺麗に洗浄して、ついでに風呂桶も高圧洗浄してピカピカに。
20200620_2.jpg 20200620_3.jpg

その後、裏の排水升を開けて、キッチンの排水パイプもガッツリ5mばかり洗浄。黒カビと、油の固まりがゴロゴロ出てきて、ヒャーですが、最後には升の水溜まりまで透明にスッキリ!これはなかなか快感です。
20200620_4.jpg

コーナンだと7mで6000円くらいしてましたが、Amazonだと3000円、コレはかなりお値打ち。(*´▽`*)
posted by sahitahu at 09:39| Comment(0) | DIY

2019年11月18日

トラベルクッカーでの炊飯片付け術

トラベルクッカーでの炊飯は、非フッ素加工のアルミ鍋のため、加熱ヒーターが接触する部分が少し焦げ付きます。
この焦げ付きは結構きつくて、水に浸けておいて、たわしで擦ってもなかなか落ちません。
20191118_3.jpg

味付ご飯にして油を加えて焦げ付き防止するのも手ですが、やっぱり白米で食べたい!ということで、編み出したのが100均で売ってるナイロン樹脂製のもんじゃ焼き小手を使った技。
20191118_5.jpg

まず、ご飯を椀によそったらすぐ水を入れて、食べてる間に再加熱して焦げをゆるませます。
食後は、小手を使って焦げをこそぎ落としてから、軽くたわしで洗うだけ。樹脂製のもんじゃ小手は、鍋底の焦げをこそぎやすく、それでいて鍋を傷つけない適度な堅さで、作業性は抜群。恐らく、アウトドアの飯盒なんかでも使える手ではないかなぁ…と。
20191118_4.jpg

そうそう、再加熱するとヒーターが熱くなって冷えるまでしまえないので、私はキレイになった鍋に水を入れてコンロに乗せて、非加熱で数分放置してます。5〜10分であら熱がとれてしまえるようになりますよ。
posted by sahitahu at 07:16| Comment(0) | DIY

2019年07月05日

時計のヤブ医者〜Garmin vivosmart J HR+(その後)

ガーミンさんの修理〜その後。

先日応急処置した純正品は、やはりカシメの跡が残りました。
20190705_1.jpg

純正バンドの交換はメーカーへ送り返して修理になるらしいので、Amazonでサードパーティ製を1000円ちょいでゲット。
20190705_2.jpg

バックル側の長さは同じくらいですが、ベルト側の長さはサードパーティ製の方が長いです。
20190705_3.jpg 20190705_4.jpg

純正品は表黒/裏グレーの色違いですが、購入したバンドは表裏とも黒一色なので、切れてない方も交換することにしました。パーツの「合い」はそれほど悪くないのですが、純正の接合部は硬質樹脂が入っているのに対して、サードパーティ製は全部軟質樹脂なので、腕に巻くと接合部が変形してちょっと出っ張ります。
Amazonのレビューだと、純正品よりバンドが長すぎるとありますが、そもそも純正品だって日本人には長めだし、サードパーティ製でも切らないとアカンほどではなく、まあこんなもんかなぁ…と。
20190705_5.jpg


ので、交換してよかったです。
posted by sahitahu at 22:48| Comment(0) | DIY

2019年06月30日

時計のヤブ医者〜Garmin vivosmart J HR+

時計のやぶ医者開院〜(≧∀≦)
今日の患者はGarmin vivosmart J HR+さん。4月にベルトの遊環が切れて修理したGarminさんですが、今度は出張中に樹脂バンドのバックルを通す部分が劣化して切れてしまいました。交換用のバンドを買うにしても納期がしばらく掛かるので、緊急手術。
20190630_1.jpg

切れたバックル通しを大胆にカット。
20190630_2.jpg

ベルト幅に合うように0.8mm厚のヌメ革で作ったバックル通し。
20190630_3.jpg

これをカシメて、バックルを通します。
20190630_4.jpg

装着してみたら違和感もなかったので、最後にスピランで黒く染めて完了。
20190630_5.jpg 20190630_6.jpg

私、失敗しないので。(≧∀≦)
posted by sahitahu at 08:19| Comment(0) | DIY

2019年04月22日

時計のヤブ医者〜子ども用腕時計

時計のヤブ医者開院〜。
今日の患者は長姫の腕時計。5年前に買ってやった安物を後生大事に持っているのですが、ベルトのバックルが外れてなくなってしまいました。
20190422_1.jpg

たまたま持っていた100均のデジタル時計。
きもーち幅広なんですが、何とか使えそうです。
20190422_2.jpg

そして合体!真ん中の棒は、元の時計のモノが残っていたので、外側とバネ軸(?)だけ換えました。
20190422_3.jpg

「私、失敗しないので」(^o^)
タグ:ヤブ医者
posted by sahitahu at 22:50| Comment(0) | DIY

2018年04月04日

kure2-26

仕事帰りに寄ったホームセンターで見つけました。
20180404_1.jpg

有名なのは赤ラベルの「5-56」で潤滑油ですが、こちらの「2-26」は防錆び・接点復活剤らしいです。
初めて見ました(@o@)
posted by sahitahu at 21:44| Comment(0) | DIY