2022年01月26日

ちろりの蓋〜その後

先日、檜材の端材で作ったちろりの蓋ですが、熱燗の湯気に当たって反り返ってしまいました。
20220126_01.jpg

昔の鍋蓋の把手が棒状なのは、こういう「そり」を防ぐ目的もあったのかな?ということで、接着したぽっちを削って上から檜の棒材を接着&釘打ちしてみました。
20220126_02.jpg

これでそらなくなればいいのですが…。
posted by sahitahu at 21:51| Comment(0) | DIY

2022年01月25日

燗銅壺考察〜その1

去年の12月から製作を始めた自作の「燗銅壺(野燗炉)」ですが、この辺で一度考察してみたいと思います。

そもそも、「燗銅壺(野燗炉)」とは…
小さな炭炉で湯煎を温めて熱燗をつけながら、炉の火で肴も炙れちゃう日本古来の携帯アウトドアグッズ。アイテム名としては「野燗炉」の方が雅やかで用途を的確に表せていると思いますが、個人的には「燗銅壺」の方が古代の風情でカッコいいな〜と。(*´∀`)
ネットオークションを見ていると、「燗銅壺(野燗炉)」とほぼ同じ構造のもので「野風炉」というのもありますが、こちらは酒燗器ではなく茶道で使う道具のようです。燗銅壺(野燗炉)は方形の直線的なデザインが多いのに対して「野風炉」は曲線を多用した急須に近い形状をしています。また、同じ酒燗器でも「燗銅壺(野燗炉)」は携帯して屋外や卓上で使えるもので、囲炉裏や火鉢にセットして使う据え置き型の湯煎槽は「銅壺」というみたいです。
 昨今のソロキャンプブームも相まって、密かなブームが来ている模様。アンティーク品をリペアして愛用されている方が多い一方、「現代版・燗銅壺(野燗炉)」として紹介されている製品も多々あります。ただ私の主観では「それは燗銅壺(野燗炉)ではないでしょ」と思われるモノもありますので、ここで私なりの「燗銅壺(野燗炉)」の定義を明確にしておきたいと思います。

(1)熱燗用の酒器を湯煎で温められる。
(2)湯煎加熱用の炉は上部に開口部を有し、火を直接使った加熱調理(炙る・焼くなど)も出来る。
(3)湯煎槽の中に炉があり、使用中の本体表面温度は100℃を超えない。(屋内卓上利用が可能)
(4)炉の下部には吸気用の焚き口が設けられているのがベターだが必須ではない。
(5)「燗銅壺」だが、材質は「銅」でなくてもよい。

以上を図にするとこんな感じ。
20220125_01.png

熱燗をつけながら肴を加熱料理するという目的では同じですが、以下のように、たき火台、BBQコンロ、七輪などの火の中(あるいは上)に湯煎槽を設置したもの(例:笑'sのB-6君熱燗グリルなど)、固形燃料等で下から湯煎槽を加熱するもの(例:卓上湯豆腐セットなど)などは私の中では「燗銅壺」に含みません。
20220125_08.png 20220125_09.png

燗銅壺の自作について調べてみますと、銅やステンレスの板材をロウ付け・溶接して本格的な燗銅壺を作っておられる強者もいらっしゃいますが、定番はアルマイトの兵式飯盒を加工して作った「飯盒野燗炉」。調べた中では、飯盒を使った例でも構造が2種類ありました。1つは飯盒を湯煎槽として穴のないステンレス容器を炉にして浮かべ、空きスペースに酒器をいれて温めるa)タイプ。もう1つは、飯盒には水を入れず、通気のためにパンチングしたステンレス容器を炉にして、その横に水を入れた穴のないステンレス容器を湯煎槽として並べて入れるb)タイプ。
20220125_07.png 20220125_06.png

私の中ではa)タイプは「燗銅壺(野燗炉)」ですが、b)タイプは「熱燗グリル」。火加減にもよりますが、恐らくb)タイプの構造だと飯盒の壁面はかなりの高温になっていて、ちょっと触れれば火傷・焦げ必至で屋内利用は難しいでしょう。

そんなことで、私の最初の自作・燗銅壺は、まさしくa)タイプの飯盒野燗炉のメスティン版。(あ、メスティンも洋式飯盒か?)メスティンの蓋にステンレス容器を通す穴と酒器を通す穴を加工し、メスティンに水を張って湯煎槽として、湯煎槽の中にステンレス容器(炉)を浮かべた形になります。炉の吸気口は設けていません。
20220125_02.png

2つ作ってましてφ10cmステンレス容器を使った本体のみのVer.1と、φ9cmにダウンサイジングして檜の収納箱を付けたVer.2があります。
20211219_05.jpg 20211230_11.jpg

このタイプのメリットはメスティンの蓋のみ加工すれば良く、構造が簡単で作りやすいこと。デメリットは、炉の中に空気を導入する吸気口がないので、炉の中では屋内使用で必須の白炭を着火しづらいこと、そして火力が上がりにくいことがあります。

そこで、一念発起して作ったのが、横向きに吸気口を貫通させたVer.3。まさに「燗銅壺(野燗炉)」というべき王道の構造です。
20220125_03.png 20220123_11.jpg

このタイプのメリットは、吸気のおかげで火力が強いこと、固形燃料などを併用すれば白炭も十分着火出来る事など、古来の燗銅壺に準じる機能・性能が挙げられます。逆にデメリットは製作の難易度。まず、炉に使うステンレス容器に大口径の穴を空けるのがかなり大変。そして、炉に空気を取り込む吸気口は、熱水に近くなる湯煎槽の中を通して外部に出す必要があり、しっかり位置決めした上で、貫通部は耐熱性のある材料で防水処理する必要があること。
さらにもう一つ、これは私個人のデメリットですが、メスティンの側面に吸気口の出っ張りが出来てしまったので、せっかく作った檜の収納箱が使えない…これは悲しい。

ということで、実は、側面通気口のVer.3より加工が簡単で、かつ収納箱も活用できる第2案、Ver.4を計画中です。その概略図がこちら。
20220125_04.png

炉にするステンレス容器の下部側面に吸気用の横穴を開けるのは同じですが、通気パイプを90度曲げてメスティンの上面(蓋)に穴を開けて煙突のように通してやるモデルです。これだとメスティン側は蓋のみの加工で済むので位置合わせがしやすく、メスティン本体には穴がないので水漏れの心配もなし。ただ、この形で自作・燗銅壺を製作した例は見かけられず、図のような思い通りのエアフローになるのかも分からなかったので製作を躊躇してたのですが、ここに来て有力な情報を得ました。

ダコタ・ファイアホール』というアメリカ原住民のたき火のやり方があるそうでです。地面に大小の縦穴を二つ掘り、トンネルで繋いだ構造で、大きい方が焚き火台、小さい方が吸気口になるのだとか。断面だけ見たら、まさに私の第2案のアイデアと同じ形。Ver.4は「ダコタ燗銅壺」と名付けよう。(爆)
20220125_10.png

なお、『ダコタ・ファイアホール』の説明では、「燃焼室で上昇気流が起きると、吸気口側から空気が引っ張られて、細いドラフト内で強められた気流が火源に当たって燃焼効率を上げる」って書いてあるんですよね。従来のように、底に仕込んだ固形燃料で炭に着火する事を考えた場合、固形燃料が燃えているうちは上記の構造で良さそうですが、炭の燃焼に移った後は以下のように炭の位置が低い方が燃焼室の中で上昇気流を生みやすいのかも?
20220125_05.png

これは実際にやってみるしかあるまいて…ということで、色々準備中です。
ということで、本日はここまで。(つづく)
posted by sahitahu at 18:57| Comment(0) | DIY

2022年01月23日

燗銅壺(野燗炉)の自作〜その9

燗銅壺(野燗炉)の自作〜その5」で紹介した自作・燗銅壺Ver.2ですが、屋外BBQ用の成型炭なら確実に着火して使えますが、屋内使用を想定して白炭をで使用実験を繰り返してみると、着火に失敗することがしばしば…。また、シェラカップを載せても今ひとつ火力不足なので、思い切って焚き口(吸気口)を付けてみることにしました。

型紙で穴位置を念入りに確認し、穴はステップドリルで開けました。
ドリルの回転速度は極力遅くして、タップオイルを塗り直しながら掘り進めます。アルマイトのメスティンは柔らかくてすぐに穴が開きましたが、ステンレス容器の方は難儀しました。少しでも当たる速度が速いと煙が出るし、遅過ぎると引っかかって止まるし…。(※作業難航で油まみれになってたので、写真がありません)
20220123_02.jpg

それでも、何とか開けて準備したのがこちら。
今回は、Ver.2完成後は遊休状態だったVer.1(φ100mmのステンレス容器を炉にした初期モデル)を改造していきます。
20220123_03.jpg 20220123_01.jpg

燗銅壺は湯煎槽の中に炭を入れる炉が入っているので、吸気口は水が漏れないようにしないといけません。また、火の回りで使うので耐熱性も必要です。そこで、今回は水道用の金属パイプを使って炉から吸気口を伸ばすことにしました。

金属パイプだけでは水がダダ漏れなので、止水のための工夫をします。
まず、ニップルのネジ山に水道管用のPTFEテープを巻き、ナットを1つ根元まで締め込みます。これは普通の水道管と同じ。この状態で、ステンレス容器の外側からニップルを差し込んで、内側にもう一つナットを付けて軽く締めます。(2つのナットで容器を挟む)
20220123_04.jpg

そして、ここからが漏水防止の一工夫。内側のナットの隙間に細長く折った水道テープをピンセットでぐるっと一周押し込んでから…
20220123_05.jpg

外側のナットを思いっきり締め上げます。このとき、内側のナットがクルクル回ると挟んだ水道テープがよれちゃうので、回らないように軽く抑えます。
(※メスティン蓋の穴は胴部のサイズに合わせていて、口部の折り返しが通りませんので、ニップルを固定する前に蓋は通しておきます)
20220123_06.jpg

もともと円形の壁面ですが、ナットで挟んでを思いっきり締め上げると容器壁面が変形してこのようにピッタリとナットに沿うようになります。それでも多少の隙間はあるのですが、隙間に仕込んだ水道テープが隙間を埋めて止水してくれます。
20220123_07.jpg

アンティークの燗銅壺でも吸気口付近のロウ付けが劣化して漏水するケースが多いみたいですが、DIYではスーパーX(耐熱温度120℃)を隙間に染みこませるなどして補修されてるようです。この水道テープの耐熱温度は220℃あるのでスーパーXより高熱に耐えるハズ…。まあ、吸気経路は炎が直接当たるわけではなく、かつ水没させて(水冷で)使う場所なのでこれくらいの耐熱温度があれば何とかなるのかな…と。

対して、メスティントの接合部はこんな感じ。炉の底は袋ナットをロウ付けして脚を付けているので少し浮いています。
20220123_08.jpg

メスティン側は炉側ほど高温にはならない場所なので普通のゴムOリングでもいいかなーと思ったんですが、念のため100均のシリコン鍋蓋(耐熱温度220℃)から切り出したOリングを使いました。2つのリングを壁面の表裏に咬ませて、手締めするだけでも止水できました。(※ネジ山へのテープ巻きは必要です)手締めなので、使用後に簡単に炉を外してメンテナンスすることも出来ます。
20220123_09.jpg 20220123_10.jpg

そして、完成図。新たにメスティンの壁面に吸気口がコンニチワ。
20220123_11.jpg

この状態でメスティンに水を入れて1時間くらい放置してみましたが、炉側も湯煎槽側も漏水はありませんでしたので、試運転に移ります。炉の底に固形燃料を仕込んで火皿を入れ、その上に炭を載せます。そして点火式!固形燃料の着火は吸気口からこの通り。(これがやってみたかった)
20220123_12.jpg 20220123_13.jpg

最初は固形燃料が炎を上げて燃え、20〜30分で炭の燃焼に移ります。
20220123_14.jpg 20220123_15.jpg

順調に炭の燃焼に移ったので、シェラカップに水を入れて掛けてみます。
20220123_16.jpg

15分くらいでコトコトと沸騰する音が聞こえてきたので、サーモカメラで測ってみると湯温もメスティンの天板も75℃くらい。Ver.2では熱いけど触れるくらいの温度でしたけど、これはもう熱くて触れません。火力は大幅に良くなった感じですね。
20220123_017.png

7〜8cmくらいの成型備長炭小片2かけで2時間以上は燃焼してましたので、燃費もかなり良い感じ。
posted by sahitahu at 15:30| Comment(0) | DIY

2022年01月22日

ロウ付けにチャレンジ!

思うところがありまして、金属溶接の一種(?)ロウ付けにチャレンジすることにしました。

あらかじめ、youtubeのHowTo動画で色々見てみると、ステンレスのロウ付けでは「銀ロウ」を使うのが一般的。ロウ付けは酸化防止のフラックスを塗っておいて、バーナーをあててフラックスの水分が飛んで固化し、さらに固形分が融解したところで、ロウ材を当てるとロウ材が溶けて濡れるように広がる感じ。

やり方としては、
(1)くっつけたい部品同士を接触させた状態で、接合部にフラックスを塗って直接ロウ材を当ててくっつける方法
(2)部品(小)に予めロウ材を付けてから、もう一方の部品(大)の接合部にフラックスを塗って接触させながら加熱して、一方の部品に付けておたロウ材を溶かしてくっつける方法
(3)(2)の逆の付け方。
(4)両方の部品にそれぞれ予めロウ材を付けておいて、再加熱してくっつける方法

(4)はレザークラフトの接着なんかでもよくやる方法ですけど、ロウ付けとしては(1)か(2)あたりが王道みたい。

と、ある程度イメトレも出来たところで、ホームセンターで「銀ロウ」のセットとライター式のガストーチを買ってきて、100均のステンレスボウルの裏に、ステンレスのナットで練習してたんですが…
20220121_01.jpg

まあ、これが全然上手くいかないのです。
20220121_02.jpg


こういうときは、詳しい人に聞いてみよう!ということで、facebookのDIYグループで質問してみたところ、ガストーチの熱量が不足していて上手く加熱できていない可能性が高いとのこと。そこで、奥様が料理で使ってる年代物のガスバーナーを借りてきました。
20220122_03.jpg

(1)のパターン。ちゃんと付いてますが、ロウ材が一部ダンゴになってしまいました。
20220122_04.jpg

(2)のパターン。なかなか良い具合ではないかね?
20220122_05.jpg

(3)のパターン。これも悪くない。そして、ナット(M4)より板の方がロウ材を塗りやすいかも?
20220122_06.jpg

(3)のパターンで、ナットより接合面の小さいスペーサーでチャレンジ。これも良い感じ。
20220122_07.jpg

ということで、結構簡単にロウ付けできるようになりました。

さて、これで何がやりたかったかといいますと、自作・燗銅壺の炉に使ってるステンレス容器の底にステンレスの袋ナットで足を付けて浮かしたかったんです。以前は、蒸し網とかケースファンガードを底に敷いて浮かしてたんですけど、錆びたり、ずれやすかったりしてイマイチだったんですよね。これなら錆びにくいし、かっちり固定されて一定の高さを保持できます。
20220122_08.jpg
posted by sahitahu at 19:35| Comment(0) | DIY

2022年01月16日

ちろりの蓋

昨年12/20の記事で、スノーピークのマグ用リッドが、1合ちろりにシンデレラフィットと紹介したんですが、見た目が今ひとつ味気ない…
20220116_01.jpg 20220116_02.jpg

ということで、檜の端材で蓋を作ってみました。
こういった加工はホントはテーブルルーターでやるんだろうけど、ウチはルーター用テーブルがないので、ホールソーを転用してやってみることにしました。
20220116_03.jpg

内径分を残して半分くらいの深さまで彫り込んだら…
20220116_04.jpg

刃を広げて一回り外を同じように彫り込んでいきます。
20220116_05.jpg

2回彫り込んで、3回目は反対まで貫通させて抜きました。抜いた円盤の中央にはφ8mmの穴が開くので、M8ネジを通して固定し、それを軸に電動ドリルに固定して回しながらペーパーをかけて形を整えます。(写真撮り忘れ)

形が整ったらネジを外し、φ8mmの木棒を差し込んで接着、乾燥したら、底側の出っ張り部分をペーパーで削って面一にします。
20220116_06.jpg 20220116_09.jpg

スッピンのままだと、ちょっと白々しいので…
20220116_07.jpg

荏油でオイルフィニッシュ。ちょっと子どもっぽいデザインになってしまいましたが、シリコンのリッドよりはいい感じかな。
20220116_08.jpg

posted by sahitahu at 10:20| Comment(0) | DIY

2022年01月15日

燗銅壺(野燗炉)の自作〜その8

今日は屋外で実験です。
年末にBBQ用の「かんたん着火炭」という黒炭の集成炭を屋内で焚いたら臭いがすごかったので、「成型備長炭」という白炭?を買ってみました。ちくわのような中空の棒状になっていて、炭同士を当てると「キンキン」とガラス質な音がしますので、「かんたん着火炭」やマングローブのBBQ炭とは明らかに違いそうです。(期待大)
20220115_01.jpg 20220115_02.jpg

備長炭に代表される白炭は着火するのが難しいとの情報を得ていたので、炉の方も火皿を一工夫。炭の下に固形燃料を入れて着火できるようにしてみました。
20220115_08.jpg 20220115_09.jpg

1回目、欲張って成型備長炭を3本入れたら、固形燃料だけ燃え尽きて炭に火が付きませんでした。
20220115_07.png

2回目は、炭を一本減らして、空気が通れる隙間を作ってみたところ、
20220115_10.jpg

固形燃料が燃え尽きた後、炭の尻に火が着いているのを確認できました。臭いを嗅いでみたら、固形燃料のパラフィン臭がしましたが、炭自体は確かに無臭に近い感じ。これは良い感じ。
20220115_11.jpg

この炉は空気の取り込み口がないので、火が付いた方を上に並べ直し、何もしないのは勿体ないので、炉の上には水を入れたシェラカップを置いてみました。(五徳で隙間は付けてます)
20220115_12.jpg 20220115_13.jpg

結果、炭は1時間半くらいで燃え尽きました。一番熱い頃合いで、湯煎は10秒も指を浸していられない程度(45〜50℃くらい?)に熱くなってましたが、シェラカップに入れた水はちょうどいい風呂加減(40〜42℃くらい?)程度。おでんの保温くらいは出来そうですが、グツグツと加熱調理できるほどの火力はなさそうでした。やっぱり、焚き口がないと、火力が上がらないのかな〜。

【余談】
今回、メスティンの中には、炉の底とメスティンの間に隙間を設ける目的で、新品のダイソー純正・メスティン用網(3合用・300円)を入れてたのですが…
20220115_04.jpg 20220115_03.jpg

なんやかんやで2時間くらい温水に水没させてただけで溶接部に錆が浮いてきました。
20220115_05.jpg 20220115_06.jpg

このメスティン網、蒸し料理をするのに使う網のハズなので、湿熱環境での使用が前提となりますが、この程度の温浴時間でも錆が浮くもんなんですかね…。300円商品とはいえ一般的なアウトドアメーカーの網より低価格ですが、いささか残念な品質かも?(アウトドアメーカーの網でもこんな錆は浮くのかな?)
posted by sahitahu at 11:23| Comment(0) | DIY

2022年01月09日

燗銅壺(野燗炉)の自作〜その7

燗銅壺(野燗炉)の自作〜その5」で紹介した「自作・燗銅壷Ver.2」をyoutubeにアップしてみました。
posted by sahitahu at 11:22| Comment(0) | DIY

2021年12月31日

燗銅壺(野燗炉)の自作〜その6

昨夜は飲み過ぎて、寝ちゃったので翌日更新(爆)です。
以前は、盆と正月に集まって美味しいものを食べながら旧交を温める会だったのですが、コロナ禍ですっかりウェブ飲み会が定着してしまいました。まあ、遠方にいて参加しづらい友人にも会えるメリットもありますが、家飲みだとなんぼでも酒を飲んでしまうので大変危険です。(≧∀≦)

さて、メニューはこんな感じ。
長崎産・アゴ(トビウオ)の一夜干し、ヤマヤの明太子、バッテラに、ビール缶×2本+日本酒の熱燗です。
20211231_16.jpg

炉の方は炙りモード。ホムセンで買ってきた「かんたん着火炭」という集成炭を使ったんですが、炭の臭いが部屋中に充満してました。←宴会のさなかは酔っ払ってて気にならなかったんですが、あとが大変でした。屋内利用時は黒炭ではなく白炭、せめてオガ備長炭くらい使った方が良さそうですね。
20211231_15.jpg

炙る肴は長崎で仕入れてきたアゴの一夜干し。これが美味いんです。
20211231_13.jpg 20211231_12.jpg

日本酒は、城陽酒造のたれくち。辛口原酒ですが熱燗でも美味しいですよ。
写真を撮り忘れましたが、湯煎がしっかり温まると天板もそこそこ熱くなりますので、そこに飲みさしの錫のお猪口を置いておきますと、燗が冷めなくて良かったです。
20211231_14.jpg

ということで、今年のDIYはココまで。
posted by sahitahu at 10:30| Comment(0) | DIY

2021年12月30日

燗銅壺(野燗炉)の自作〜その5

2021年の集大成!自作・燗銅壷Ver.2が完成しました。

以前紹介したVer.1からの主な改良点は以下の通り。
(1)炉の口径をダウンサイジングして炭火と炉壁を近づけて湯煎の加熱力向上
(2)外箱を付けて保温力向上
(3)五徳を付けて、シェラカップでの湯沸かし対応
(4)外箱蓋を付けて、同時に使わない部品収納して整理整頓

まず、収納時の外観。収納箱は桧材で、木の風情を生かすため荏油のオイル仕上げです。
20211230_01.jpg 20211230_02.jpg

蓋を開けるとこんな感じ。燗銅壺の炉の上にシェラカップが載ってます。
20211230_03.jpg

炉のオプションが増えちゃったので、同時に使わない道具は蓋に入れていきます。屋外利用時、機材を地べたに置かなくて良いので清潔ですよね。
20211230_04.jpg

メスティンの中には、焼き網、五徳、トング、箸などが入ってます。
20211230_05.jpg

卓上で使う時はこんな感じ。熱燗を付けながら、網で肴を炙って頂きます。
20211230_06.jpg

箱の底は下駄脚を付けてあるので、使わない道具を入れた蓋の上に重ねてもずれません。
20211230_07.jpg 20211230_08.jpg

地べたで使う時は、これくらい高さがあった方が埃も被りにくく、使いやすいですよね。
20211230_11.jpg

炉の上に五徳を載せると、シェラカップで湯を沸かしたり、おでんを温めたりも出来ます。シェラカップはキャプテンスタック、蓋はSeriaのシェラカップリッドです。ダイソーのリッドと違って把手に孔があるので、直接触れずに箸やフォークを孔に刺して持ち上げたりできます。
20211230_10.jpg 20211230_09.jpg

今夜は、大学時代の同級生とウェブ忘年会なので早速使ってみよう!
posted by sahitahu at 12:48| Comment(0) | DIY

2021年12月29日

燗銅壺(野燗炉)の自作〜その4

以前、イベントで貰ってきたアルファ米が2020年2月賞味期限(爆)だったので、家族で防災訓練!
20211229_01.jpg

ということで、燗銅壷にPCファンガードで作った五徳を載せて、シェラカップでアルファ米用の湯を沸かしてみました。今回は炭ではなくて固形燃料(100均で3個110円)を使って、いざ調理開始!浄水器の水200ccを火にかけたら10分くらい?で沸騰しましたよ。アルファ米のパックを開いてシェラカップの湯を注いだら、次の水を張って加熱…。結局、固形燃料1個でシェラカップ2杯半くらいの湯を沸かせました。
20211229_02.jpg 20211229_03.jpg

あと、燗銅壷の湯煎槽もそこそこ熱々になってたので、同じく備蓄品で賞味期限が迫っていたトマトミートソースを湯煎で温めておき、アルファ米ができあがったらシェラカップによそってミートソースをぶっかけて混ぜ混ぜ…。なかなか美味しく食べられましたが、アルファ米がわかめ入りで元々塩味が付いてたので、ちょっと塩辛かった。
20211229_04.jpg 20211229_05.jpg
posted by sahitahu at 13:26| Comment(0) | DIY

2021年12月20日

燗銅壺(野燗炉)の自作〜その3

先日の試運転では、思いのほか湯煎の温度が上がりませんでした。個人的には熱めの熱燗が好きなので、指が浸せないぐらいの湯煎温度には達して欲しいところです。
スタートダッシュは別に湧かした湯を入れればいい話ですが、それでは燗銅壺の醍醐味が半減しちゃいますので、加熱効率を上げるべく仕様を少し見直してみることにしました。

まず、使用後の炉の状況を確認。
底の方はメスティンと接触していて見ずの加熱にはあまり寄与しないと思われますので、側面の火の当たり方が肝になりそうです。ステンレス容器の壁面は湯煎の水位のところで焼け具合がクッキリかわってました。火皿の高さが高すぎて、壁面は炭が当たっている部分が2cmくらいしかありません。これは加熱効率が悪そうですね。
20211220_01.jpg

※ちなみに、先日の試運転では集成炭の終わりかけに普通のBBQ炭を少し足してました。そのまま蓋をしたら、しっかり消し炭になってましたので、火消し壺としての機能は問題なさそうです。

そこで、火皿の高さを低くして、炭の火が当たる水面下の壁面高さを稼いでみることにしました。従来型は8cmファンガードにネジ脚を付けて20〜30mmの高さがありましたが、改良版は9cmファンガードのネジ穴を折り曲げて脚にして10mm程度に高さを抑えています。改良前後の具合はこんな感じ。
20211220_03.jpg 20211220_04.jpg

そしてもう一つ。錫のチロリは風情があって大好きなのですが、肉厚で温まりにくいので、アルマイトの1合チロリを新調することにしました。薄いアルマイト製なので湯煎の熱が伝わりやすくなるはず。ただし、このタイプは開口部が大きくて酒を注ぎやすいメリットがある反面、湯煎時に熱や風味が逃げやすいのがデメリットです。
そこで熱効率を上げるためにもう一工夫。スノーピークのダブルマグ300専用として売られていた飲み口付きの蓋(リッド)が頃合いのサイズ感だったので、試しに買ってみました。
20211220_05.jpg

合体させてみたら、なんとシンデレラフィットでした。温める時だけ装着しておいて、飲む時は外してお猪口に注いで飲むつもりでしたが、このまま飲んじゃっても良さそうですね!
20211220_06.jpg

ということで、改良版の外観はこんな感じ。早く週末にならないかなー。
20211220_07.jpg
posted by sahitahu at 21:50| Comment(0) | DIY

2021年12月19日

燗銅壺(野燗炉)の自作〜その2

先週末の続き、燗銅個の自作です。
炉の中に直接炭をいれると、金属と炭が直接触れてよろしくないような気がしたので、炉の底に敷く火皿を作ってみました。PCパーツの8cmファンガードを曲げて容器の内寸に合わせ、M4ネジを脚にしてます。
20211219_01.jpg

炉にするステンレス容器の中にセットしたらこんな感じ。
20211219_02.jpg

ここまで来たら使ってみたい!!ということで、庭に出て火を入れてみます。
今回は庭でやりましたが、将来的な屋内利用を想定して煙が少ない(らしい)集成炭を使ってみます。着火剤入りで、表面の穴の角にライターで少し火を付ければあとは勝手に燃え広がるので、これも室内利用の際の利点になりそうですね。
20211219_03.jpg 

キッチンの混合水栓から温水を入れて、加温スタート。5分もしたら炭に火が回り、炉の上はあぶり放題。
20211219_08.jpg 20211219_05.jpg

干物の小イカは、ひっくり返しながら数分炙れば食べ頃になりました。
20211219_06.jpg 20211219_07.jpg

ちなみに、本日の干物は長崎出張で仕入れた野母崎産の小イカです。
20211219_09.jpg

本日は今年一番の寒波襲来で昼間でも気温は10℃くらい?
着火後20分くらいしたところで、玩具のサーモカメラで表面温度を測定してみたら、アルマイトのメスティンの所は35℃くらいです。錫のちろりが青いですが放射率が違うのでちゃんと測れてません。触るとほんのり温かい感じでした。
20211219_04.png

着火後30分くらいしたところで、湯煎に指を突っ込んでみましたが、熱くて指を浸せないような感じではなく、お風呂の湯加減。最初より温かくはなってましたが、炭の火力で熱燗をつけるほどの湯温まで上げるのはちょっと厳しそうですね。
20211219_10.jpg

ということで、今日はここまで。
マジで寒かった〜(>o<)
posted by sahitahu at 15:37| Comment(0) | DIY

2021年12月12日

燗銅壺(野燗炉)の自作〜その1

日本古来のアウトドアグッズ「燗銅壺」(または野燗炉)という道具があるらしい。
熱燗を浸ける湯煎と炭火を入れる炉がセットになってて、炭火で湯煎を温めながら、炉の上では肴を炙ったりが出来るもので、ポイントは湯煎の下から火を当てるのではなく、湯煎の中に炉が入ったいわば水冷式(?)なので、アウトドアはもちろん、自宅でも卓上で使えそうです。

昔のものは、「燗銅壺」の字の通り銅板をろう付けして作っていたようですが、最近は金属加工で有名な新潟県燕市あたりで作られたステンレス製の国産品が販売されているんですが、3〜5万くらいするのでとても手が出ない…
http://www.nokanro.com/
とか
https://hinata.me/article/1352121474823178332
とか…

そして、もう少しお手軽なところだと、笑'sのB6君に燗グリルオプションを付けたこのあたりになるんですが、これはあくまで焚き火台の上に湯浴槽を付けただけなので屋内では使えないし、自分的には燗銅壺のような感動がないんだよなー。

となれば、自分で作るしかないっしょ。(≧∀≦)
燗銅壺の主流の形は、炉の下部に吸気用の焚き口が付いた形ですが、焚き口を付けると工作難易度の桁が上がるので、今回は焚き口のない簡易版です。参考にしたのは、こちらの飯盒野燗炉ですが、同じモノを作ってもアレなんで、自分流にちょっとアレンジ。

材料は、ダイソーのメスティン3合(1100円)、焼き網(110円)、通販で買った蓋付きステンレス保存容器(927円)で、現時点で2137円。
20211212_01.jpg

メスティンの蓋にステンレス容器の外寸(φ103mm)と、ワンカップの外寸+α(65mm)の円を描いた型紙を作りました。最初は、ドリルでくりぬくつもりだったんですが、ドリル穴の断面があまり綺麗ではないので、ニブリングツールを使うことにしました。
20211212_10.jpg

鉄筆でけがいてからとっかかりだけドリルで穴をあけ、
20211212_02.jpg

そこからニブリングツールで喰いきっていきます。
20211212_03.jpg

メスティンのアルミの肉厚はそんなにないので、喰いきるのにそれほど力は要りません。が、一回で喰いきれるのは2mmくらいなので、回数はたくさん掛かります。頑張れっ自分!!
20211212_04.jpg

途中で気付いたんですが、ニブリングツールの刃は斜めになっていて、向かって右側から入っていきますので、反時計方向に喰いきる方が罫書きと位置を合わせやすいです。あと一息!
20211212_05.jpg

炉の穴が開いたら、ワンカップ用の穴も同じように開けます。穴が開いたら、切り口をサンドペーパーで滑らかに整えます。
20211212_06.jpg

あとは、炉の中の火皿を作れば…ですが、今日はここまででタイムアップ。
とりあえず、完成予想図だけ。

自宅では、錫のちろりを入れて…
20211212_07.jpg

アウトドアではお手軽にワンカップ…そして子ども用のコンポタ缶もいけますよ。
20211212_12.jpg 20211212_13.jpg

メスティンの中はこんな感じ。
20211212_08.jpg

そして今回ちょっとこだわったのは、炉に使ったステンレス製の保存容器。網を外して純正の蓋をすればそのまま火消し壺に早変わりです。
20211212_11.jpg

posted by sahitahu at 17:30| Comment(0) | DIY

2021年10月05日

LaserPecker2〜その後

8月下旬に到着したレーザー彫刻機「Laser pecker2 MAX」の未着物品がようやく到着しました。
9/付2のメールで15日発送予定とアナウンスがあったものの中旬を過ぎても音沙汰がなく、結局半月以上遅れての到着です。まあ、到着しただけマシですが…。
20211005_01.jpg

ちなみに、今回届くはずの物品リストがこちら。
(a)バッキングプレート
(b)バッチ彫刻装置
(c)彫刻機収納ケース
(d)補助ブースター収納ケース

さて、段ボールを開けると、ビニルシートで養生されたバッグ(彫刻機収納ケース)が一つだけ?説明書もお品書きも何も入ってません。めっちゃ軽いし、振っても中でカラカラしないし、あれれ?となりましたが、気を取り直して、ご開帳〜。
20211005_02.jpg

ひらいてみると、中に同じデザインの細長い収納ケースが一つ…。マトリョーシカか(爆)
多分これが「補助ブースター収納ケース」。
20211005_04.jpg

さらにこれをひらいてみると、ゴールド色のスリットの入った金属板と、自爆スイッチみたいなボタンとUSBケーブルが入ってました。金属板は、形状的に「バッキングプレート」(彫刻ではなく貫通カットする時に裏に敷く板)で確定と思われるので、スイッチの方が「バッチ彫刻装置」でしょう。
20211005_05.jpg 20211005_06.jpg

ということで、未着だった物品が全て届きました。
20211005_03.jpg

でも、今回は説明書の類いが一切なく、先着の本体の説明書にも「バッチ彫刻装置」の説明が一切無いので、つなぎ方も使い方もサッパリわかりまへん。でも、メッセージで聞いても返事ないんやろなー。
ま、私が欲しかったのは収納ケースとバッキングプレートだったので、バッチ彫刻装置はネットで情報が出るまでしばらく放っておくか。

----

ということで、ここからは専用収納ケースの使用レビュー(?)です。
実際に彫刻装置を収納してみました。説明書がないので、この詰め方であってるのかもイマイチ分かりませんが、写真のようにチャックはちゃんと締まったので多分あってるはずです。
20211007_09.jpg

まず「彫刻機収納ケース」に本体周りの機材を収納してみます。
電動昇降台・本体・ファン付カバーを組み立てた状態で、昇降台を一番下げる(カバーの下端と昇降台の台座が接触するところ)と、クッションが斜めに成型されている部分にピッタリ入ります。到着時の化粧箱だと、本体を外すだけでなくて、昇降台も分解しないといけなかったので、片付けが大分楽になります。
隣の深めの四角いポケット(もともと「補助ブースター収納ケース」が入っていたところ)は、恐らくACアダプタ、バッテリー、保護めがね、物差し、ケーブル類を入れるところでしょう。(ほぼほぼピッタリ入りました)
20211006_08.jpg

次に「補助ブースター収納ケース」にオプション品を収納してみます。
補助ブースター本体はちょっときつめですが、ぐいっと押し込むとピッタリに入りました。が、補助ブースターと本体を接続するコの字の金具がキレイに収まりません。短い方はちょうど入るんですけど、長い方が出っ張っちゃいます。実は化粧箱の方でもこの金具が曲者だったんですが、到着した時どんな感じで入ってたのか忘れちゃったし…。まあ、ちゃんと入ってなくてもチャックは締まりました。
横ポケットには、補助ブースターの説明書、バッキングプレート、バッチ彫刻装置とバッチ彫刻装置用USBケーブルを入れてます。

20211006_07.jpg
posted by sahitahu at 21:58| Comment(0) | DIY

2021年08月28日

LaserPecker2

4月にクラウドファンディングしたレーザー彫刻機がようやく届きました。(≧∀≦)
8/25に着荷していたのですが、出張中だったので開封が今日になりました。
20210828_01.jpg

早速、マウスパッド代わりにしてる牛本革の端切れに刻印。5Wレーザーの出力は伊達ではなく、刻印スピードも速くてなかなか良い感じですが、臭いがちと大変…(´・ω・`)
20210828_02.jpg

あと、刻印したままだと炭が付くので、軽くふき取ったあとトップコートしました。
20210829_03.jpg

でもね…なんか支援した内容と届いた内容が合わないんですよね。
私は「全部盛り」の「MAX」を頼んでるんですが、届いたのは一つ下のグレードの「Deluxe」ぽい感じ。
一度確認してみないと…。

【2021.9.2追記】
やはり、8月時点では「Deluxe」相当の機材のみ着荷していて、「MAX」に相当する残りの機材は9月中旬発送になるそうです。「全て同梱して送ると重すぎて雑に扱われてしまうから…」とか理由付けされてましたけど、それなら2つに分けて同送するなり出来るだろうし、時期をずらした後送になるにしても、その旨を同梱書類なりメールなりで予め入れておいて欲しいところです。
まあ、クラウドファンディングだし、その辺は仕方ないのかなー。
posted by sahitahu at 11:00| Comment(0) | DIY

2021年05月15日

紫外線ペンライト(UV接着剤用)

最近、DIYでよく使うUV接着剤。
接着剤を降下させるためにボタン電池式の紫外線LEDライトが同梱されているのですが、スイッチが小さくて使いにくいのです。電池もすぐへたるし…。

一時期は、UVレジン用のライトを転用したりしてたんですが取り回しがしづらい。
そこで、市販のLEDペンライトを改造してみることにしました。

先端の白い種子パーツの所をペンチで引っこ抜くと、下のような基板が出てきます。
20210515_01.jpg

半田ごてでLEDを取り外したところ。
20210515_02.jpg

あとは、秋月で買ってきた410〜420nmのLEDを半田付けすれば完成。目視で見たら純正と同じような色合いで、接着剤もちゃんと固まりました。が、写真に撮ってみると微妙には町域が違うようにも見えます。
20210515_03.jpg

あ、純正のライトをばらしてLEDを転用すれば良かった…と思っても後の祭り。
やり直すのは面倒なので、しばらくこれで様子見ます。(^^;)
posted by sahitahu at 19:40| Comment(0) | DIY

2021年04月17日

押入リフォーム

奥様からの要望で、半間の押入をクローゼットにリフォームすることになりました。固定の棚板は上下二段、上段は奥行き半分のハーフサイズ、下段はフルサイズです。
20210417_01.jpg

facebookのDIYグループで押入の解体方法を教えて貰って早速実践。ハーフサイズの上段から取りかかります。
棚板上面の三片を固定している細木の隙間にバールを突っ込んで引き剥がします。どうせ壊す部分なので、思い切ってざっくり突っ込みました。
20210417_02.jpg 20210417_03.jpg

次に棚板を外します。釘固定なので、正面からバールを突っ込んでバリバリ割りながら剥がします。
20210417_04.jpg

剥がしたベニヤの裏にこんなシールが…。建築当時(50年以上前)のものです。
20210417_07.jpg

棚板が外れたら、最後に前側の棚受けをノコギリでカットして引き抜きます。
20210417_05.jpg

上段は棚がハーフだったからか、刺してあるだけですぽっと抜けました。
20210417_06.jpg

上段が終わったら下段に取りかかります。
細木を外してベニヤを剥がすのは同じ。
20210417_08.jpg 20210417_09.jpg

が…ここで難関。下段はフルサイズだったからか、前面の棚受けが太い釘でしっかり固定されていて動きません。棚受けの中央部を二箇所カットして隙間を作ってから、グラグラと左右に振りながらゆっくり引き抜きます。柱のほぞの角が少し割れてしまいましたが、まあ綺麗に抜けたのではないかな。
20210417_10.jpg

棚受けを抜いた後の穴には、棚受けの木を切って埋めました。
20210417_11.jpg 20210417_12.jpg

20210417_13.jpg 20210417_14.jpg

隙間をパテで埋めて、最後に塗装。カビ対策も兼ねて防カビ剤入りの塗料を使いました。
20210417_16.jpg 20210417_17.jpg

乾いたら、ハンガーパイプを仕込んで完成予定です。
posted by sahitahu at 21:47| Comment(0) | DIY

2021年02月22日

ベッセル・電動ボールグリップドライバー

前から気になっていた電動ドライバーの記念モデル(六角ビット3本追加)を見つけて衝動買い。(^^;)
20210222_1.jpg

実際使ってみると、途中のネジネジを電動でやってくれるだけで、最後の締め込みは手動でやらないといけない。従来の電動ドライバーがエンジン付のバイクだとすると、このドライバーは電動アシスト自転車って所。

勢い余ってネジ山を潰すこともなく、普通の手動ドライバーサイズで小回りも利くし、意外に面白いアイデアかも。
タグ:DIY
posted by sahitahu at 21:52| Comment(0) | DIY

2021年02月07日

こたつ円卓テーブル

我が家のダイニングテーブルは、40年モノの飛騨家具の一本足円卓です。
私が小学生時分に両親が清水の舞台から飛び降りるつもりで買ったもので、足回りに多少ガタは来てますが、購入当初から天板をガラス板で保護しているので、天板はまだまだ綺麗。とはいえ、奥様から冬の暖房費軽減のためこたつ化の要望があり、今年は外観を最大限生かした大改造を決行。
20210201_1.jpg 20210201_2.jpg

20210201_3.jpg

こたつの周囲は膝掛け用のフリース毛布×6枚をパイン材にボタン留め。
20210202_5.jpg

20210202_6.jpg 20210202_7.jpg

毛布の継ぎ目から足を入れるようにしたので、暖気ロスも最小限。
20210202_4.jpg

パイン集成材とニトリの組立机の足で、φ110cmの6本足の円卓こたつを作って、足を外した飛騨家具の天板を載せました。飛騨家具の足は、いずれ復活できるように納戸行き。

タグ:DIY
posted by sahitahu at 18:20| Comment(0) | DIY

2020年09月12日

アンダーマスク

マスクと鼻口の隙間を確保して息をしやすくするアンダーマスク。
これまで愛用してた黒いヤツは、少し大きめでユニ●ロマスクのMだとはみ出してしまいます。

そこでネットで見つけた白いのを購入。
黒い方は軟質シリコンで1個800円くらいでしたが、白い方はやや固めのシリコンで5個800円くらい。
20200912_1.jpg

一回り小さくてマスクにすっぽり入り、密着度が良くなりました。開口部が多いのでさらに息がし易く、プリーツマスクのヒダに引っ掛けて固定するフックも付いてて機能的。
20200912_2.jpg 20200912_3.jpg
posted by sahitahu at 21:00| Comment(0) | DIY