2020年07月10日

江坂ハンズ

先週末、かなり久方ぶりに江坂ハンズへ。
3Fフロアをよそに貸して、DIY系の売場が大幅縮小されて久しいのですが、近くにホムセンなんかなかった青春時代、北急の格安運賃で行けて、他では売ってない素材がオサレに陳列されたフロアは正に宝の山でした。
最近は都心部の店舗(百貨店とコラボ)を拡充して郊外のホムセンと差別化を図ってるようですが、江坂ハンズのあの特別感をもう一度…と思うのは私だけか?

ちなみに、写真はわずかに残ってるレザークラフトコーナーで見つけたポンチシャープナー。意外に梅田店では置いてないんですよね。
20200710a_1.jpg
posted by sahitahu at 21:00| Comment(0) | DIY

2020年06月20日

ケルヒャー・パイプクリーナーホース

奥様が風呂の排水が悪いというので、新兵器・パイプクリーナーホース(ケルヒャーの純正オプション)をAmazonでポチリ。
20200620_1.jpg

排水パイプを綺麗に洗浄して、ついでに風呂桶も高圧洗浄してピカピカに。
20200620_2.jpg 20200620_3.jpg

その後、裏の排水升を開けて、キッチンの排水パイプもガッツリ5mばかり洗浄。黒カビと、油の固まりがゴロゴロ出てきて、ヒャーですが、最後には升の水溜まりまで透明にスッキリ!これはなかなか快感です。
20200620_4.jpg

コーナンだと7mで6000円くらいしてましたが、Amazonだと3000円、コレはかなりお値打ち。(*´▽`*)
posted by sahitahu at 09:39| Comment(0) | DIY

2019年11月18日

トラベルクッカーでの炊飯片付け術

トラベルクッカーでの炊飯は、非フッ素加工のアルミ鍋のため、加熱ヒーターが接触する部分が少し焦げ付きます。
この焦げ付きは結構きつくて、水に浸けておいて、たわしで擦ってもなかなか落ちません。
20191118_3.jpg

味付ご飯にして油を加えて焦げ付き防止するのも手ですが、やっぱり白米で食べたい!ということで、編み出したのが100均で売ってるナイロン樹脂製のもんじゃ焼き小手を使った技。
20191118_5.jpg

まず、ご飯を椀によそったらすぐ水を入れて、食べてる間に再加熱して焦げをゆるませます。
食後は、小手を使って焦げをこそぎ落としてから、軽くたわしで洗うだけ。樹脂製のもんじゃ小手は、鍋底の焦げをこそぎやすく、それでいて鍋を傷つけない適度な堅さで、作業性は抜群。恐らく、アウトドアの飯盒なんかでも使える手ではないかなぁ…と。
20191118_4.jpg

そうそう、再加熱するとヒーターが熱くなって冷えるまでしまえないので、私はキレイになった鍋に水を入れてコンロに乗せて、非加熱で数分放置してます。5〜10分であら熱がとれてしまえるようになりますよ。
posted by sahitahu at 07:16| Comment(0) | DIY

2019年07月05日

時計のヤブ医者〜Garmin vivosmart J HR+(その後)

ガーミンさんの修理〜その後。

先日応急処置した純正品は、やはりカシメの跡が残りました。
20190705_1.jpg

純正バンドの交換はメーカーへ送り返して修理になるらしいので、Amazonでサードパーティ製を1000円ちょいでゲット。
20190705_2.jpg

バックル側の長さは同じくらいですが、ベルト側の長さはサードパーティ製の方が長いです。
20190705_3.jpg 20190705_4.jpg

純正品は表黒/裏グレーの色違いですが、購入したバンドは表裏とも黒一色なので、切れてない方も交換することにしました。パーツの「合い」はそれほど悪くないのですが、純正の接合部は硬質樹脂が入っているのに対して、サードパーティ製は全部軟質樹脂なので、腕に巻くと接合部が変形してちょっと出っ張ります。
Amazonのレビューだと、純正品よりバンドが長すぎるとありますが、そもそも純正品だって日本人には長めだし、サードパーティ製でも切らないとアカンほどではなく、まあこんなもんかなぁ…と。
20190705_5.jpg


ので、交換してよかったです。
posted by sahitahu at 22:48| Comment(0) | DIY

2019年06月30日

時計のヤブ医者〜Garmin vivosmart J HR+

時計のやぶ医者開院〜(≧∀≦)
今日の患者はGarmin vivosmart J HR+さん。4月にベルトの遊環が切れて修理したGarminさんですが、今度は出張中に樹脂バンドのバックルを通す部分が劣化して切れてしまいました。交換用のバンドを買うにしても納期がしばらく掛かるので、緊急手術。
20190630_1.jpg

切れたバックル通しを大胆にカット。
20190630_2.jpg

ベルト幅に合うように0.8mm厚のヌメ革で作ったバックル通し。
20190630_3.jpg

これをカシメて、バックルを通します。
20190630_4.jpg

装着してみたら違和感もなかったので、最後にスピランで黒く染めて完了。
20190630_5.jpg 20190630_6.jpg

私、失敗しないので。(≧∀≦)
posted by sahitahu at 08:19| Comment(0) | DIY

2019年04月22日

時計のヤブ医者〜子ども用腕時計

時計のヤブ医者開院〜。
今日の患者は長姫の腕時計。5年前に買ってやった安物を後生大事に持っているのですが、ベルトのバックルが外れてなくなってしまいました。
20190422_1.jpg

たまたま持っていた100均のデジタル時計。
きもーち幅広なんですが、何とか使えそうです。
20190422_2.jpg

そして合体!真ん中の棒は、元の時計のモノが残っていたので、外側とバネ軸(?)だけ換えました。
20190422_3.jpg

「私、失敗しないので」(^o^)
タグ:ヤブ医者
posted by sahitahu at 22:50| Comment(0) | DIY

2018年04月04日

kure2-26

仕事帰りに寄ったホームセンターで見つけました。
20180404_1.jpg

有名なのは赤ラベルの「5-56」で潤滑油ですが、こちらの「2-26」は防錆び・接点復活剤らしいです。
初めて見ました(@o@)
posted by sahitahu at 21:44| Comment(0) | DIY