2019年04月14日

自転車の修理

チビ麻呂の自転車、ホントは新しい自転車を買ってやりたいところですが、もう少し身体が大きくなれば、大人サイズの自転車が乗れるので、今買っても中途半端なんですよね〜。(^^;)

ただ、姉二人が新しい自転車を持っているのに、自分だけ8年越しのお下がりなのは気に入らない模様だったので、古びたパーツを換装してやることにしました。

換装前の状態。フェンダーや前カゴの樹脂がすっかり劣化して、ボロボロ…赤色も抜けて、フェンダーなんて桜色を通り越して白に近いです。
20190414_1.jpg

20190414_2.jpg 20190414_3.jpg

今回は、男の子用にブラックのフェンダーと前カゴに換装します。ヨドバシ価格で合わせて2200円くらい。チビ麻呂が「自分の自転車くらい自分で修理しないとね」と殊勝なことを言うので、作業前にネジに556を染みこませて緩めておきました。その後、一生懸命ネジを外して新しいパーツに換装していくチビ麻呂、なかなかの手つきです。
20190414_4.jpg

取り外したフェンダーの裏側。ネジの下からかつての色が出てきました。
20190414_5.jpg

30分ほどの作業で無事完成!
20190414_6.jpg

完成後の自慢げな試乗は、また一つ大きくなった証か?
さて、これであと2年は保つかな?(≧∀≦)
posted by sahitahu at 14:26| Comment(0) | 姫君・若君

2018年12月04日

父ちゃんからの素敵なプレゼント

今度は次姫がテストで目標点をクリアしてきたので、またまた素敵なプレゼント。
彼女自身のセレクトはなんと…「ガミラス艦」…渋い!(≧▽≦)
20181204_1.jpg
posted by sahitahu at 20:11| Comment(0) | 姫君・若君

2018年11月26日

父ちゃんからの素敵なプレゼント

若君がスイミングでバタフライ25mに合格してきたので、父ちゃんからの素敵なプレゼント。
約束していた「キリシマ」のプラモデル、満面の笑みで卒業証書授与式のように両手で拝領してました。丁寧な所作も、その気になればちゃんとできるじゃん。(^^;)

20181126_1.jpg

ノンスケールモデルなので、同じシリーズのヤマト2199より大きい…(^^;)
20181126_2.jpg
posted by sahitahu at 19:44| Comment(0) | 姫君・若君

2018年11月03日

プラモ記念日(?)

若君のヤマトを見て、長姫もプラモをやりたいと言いだしたので、最近の成績頑張りを評して、同スケールのアンドロメダを御進呈(≧∀≦)

流石「自称・リケジョ」、そつなく組み立てて…
20181103_1.jpg 20181103_2.jpg

ヤマトには無かった極小デカール(老眼には無理筋サイズ)も、自ら爪楊枝を持ち出してコンプリート。
20181103_3.jpg

そして、父ちゃんの夏休みの自由研究とツーショット(≧∀≦)
思い返すに、我ながらよー頑張ったわ。
20181103_4.jpg 20181103_5.jpg
posted by sahitahu at 19:33| Comment(0) | 姫君・若君

2018年09月29日

プラモ記念日

チビ若君が宣言通りにスイミングで昇級してきたので、父ちゃんからの素敵なプレゼント。(≧▽≦)
宇宙戦艦ヤマトのプチ・プラモデルです。
20180929_1.jpg

父ちゃんが小学生時代(約3X年前)、1箱100円で売ってたシリーズと同じサイズ感の箱ですが、値段は約3倍で、中身も別物でした。2色ランナーで接着剤無しで組め、スタイルも今時で素組みでも結構かっこいいのですよ。

チビ若君は、1年ほど前に大ぶりな部品が数パーツしかない「ジバニャン」を自力で組めず撤退したのですが、今回は気合いが違います。老眼には厳しいミリ単位のパーツを的確に切り離し、自力で組んでいきましたよ。
20180929_2.jpg 20180929_3.jpg

あと少し!
20180929_4.jpg

そして完成!
組んでいく順番はある程度指示しましたが、パーツの切り離しと組み上げは親サポート無しで自力で組み上げ、本人もまんざらではない様子。(^^)
20180929_5.jpg

今日はチビ若君の「プラモ記念日」ってことで、父ちゃんは今季初のフグヒレ酒を解禁。(≧▽≦)
20180929_6.jpg
posted by sahitahu at 19:20| Comment(0) | 姫君・若君

2018年04月01日

男の二人旅

この週末は春休み真っ盛り。上の姫達二人は、祖父母の家まで初めて電車で遊びに行くことになりました。
しかし、末の若君は、迷子属性を危惧されて同行を拒否され、独り居残りで意気消沈しています。
20180401_1.jpg

となれば、ココは父が一肌脱いで、プチ旅行に連れ出すことにしました。
本人の希望を聞いてみると、「僕は海が見たい」などとロマンなことを言うので、在来線で行ける最寄りの海水浴場までぶらり約1時間の旅。

天気の神様も可哀相な末っ子を哀れんでか、雨男の二人旅にもかかわらず、天候は快晴(≧▽≦)
シーズンオフの海水浴場は人もまばらで海の水も澄んでいます。
20180401_3.jpg

迷子の心配もなく、思いっきり穴掘りにいそしんできましたよ。
何の遊び道具も持ってこなかったけど、一人で楽しそうに遊ぶ様は親も心洗われました。連れてきて良かった〜。
20180401_2.jpg

夜も二人でお泊まり。
某所をお借りして、父が腕を振るったカレー鍋で父子で乾杯!
このジュースがビールに変わるまで、あと何年かなぁ…。
20180401_4.jpg 20180401_5.jpg
posted by sahitahu at 21:47| Comment(0) | 姫君・若君