2020年06月11日

ランニング用フェイスカバー〜その後

先日購入したランニング用のフェイスカバー(バフ)ですが、ストレッチ素材で密着性が良いのが完全に裏目で、トレッドミルを走ってみると、まー息苦しくて…。(´・ω・`)
口の辺りの生地を指で摘まんで立体にすると、格段に呼吸のしやすさが改善したので、「表面積を稼ぐのが大切」の持論が間違いないことを身を持って確認できました。

そこで、更なるグッズを物色。サバイバルゲームで特殊部隊のコスプレするときに使うシリコン製のアンダーマスクです。スパイダーマンのコスプレでも赤いのを使うみたいです。
20200611_1.jpg 20200611_2.jpg

顔に付けるとこんな感じ。アンダーマスク自体には顔に固定するものが付いていないので、さらに上からフェイスカバー(バフ)で押さえます。
20200611_3.jpg

左の写真がアンダーマスクあり、右がアンダーマスク無しです。装着しても見た目はそんなに変わりませんが、鼻口の周りに空間を確保してくれるので、めちゃくちゃ息がしやすくなりました。柔らかいシリコン製で、木工用の防塵マスクみたいに跡も付かなさそうですよ。
20200611_4.jpg 20200604_4.jpg

これからの季節、不織布マスクするときもいいかもしれません。
20200611_5.jpg
posted by sahitahu at 07:55| Comment(0) | 日記

2020年04月27日

頭皮エステ

最近、変に忙しくてストレスフルなので、ヨドバシ通販で自分へのご褒美(死語)を買っちゃいました(≧∀≦)

パナソニックの「頭皮エステ」。
20200427_1.jpg

シリコンの柔らかい足で頭皮を揉み掴むように洗ってくれます。
ユーザーレビューを見ると、頭皮の血行が改善して白髪が減った人もいるとかいないとか?
20200427_2.jpg

諭吉様1人弱しましたが、めちゃ気持ちよくて洗い上がりもサッパリなのでよしとしよう。
posted by sahitahu at 20:48| Comment(0) | 日記

2019年12月29日

来年の干支

水槽掃除の後は年賀状制作。(≧∀≦)
恒例のかぶりモノは、ダイソーのポリエステルフェルトで自作して300円也。
20191229a_1.jpg
posted by sahitahu at 19:00| Comment(0) | 日記

2019年07月27日

ピュアモルト・スタイルフィットマイスター5色

最近、職場の中で「Dr.GRIP4+1」を使っている人が妙に多い。
私自身が使っているのは木製グリップの「4+1 WOOD」で、しかも中身はSARASAだったりするのですが、なんとなーく周りと外見が同じペンを愛用しているのは嫌だったので、以前作ったピュアモルト組先軸を復活させることにしました。

赤い水星の「4+1 WOOD」vs黒騎士「ピュアモルト・スタイルフィットマイスター5色」の図。
20190727_1.jpg

持ち歩き用二本セット新旧。
上の二つが「4+1WOOD」と「フリクションウッド組先軸+スタイルフィットマイスター5色」、下の二つが「ピュアモルト・スタイルフィットマイスター5色」×2になります。一本はシャーペンリフィル+SARASAの黒赤青緑、もう一本はSARASAのパステルカラー系5色(茶・紫・水色・橙・ピンク)です。元々のスライドレバーは透明ですが、スピラン染料でリフィルの色に合わせて着色しています。あと、スタイルフィットマイスターのボディはお尻をノックするとシャーペンの芯が出せるのがポイント。
20190727_2.jpg
posted by sahitahu at 08:37| Comment(0) | 日記

2019年07月11日

ace.ホバーライトNo.59006(19L)の撥水性

ホバーライトで通勤し始めて数日、帰宅時に結構な土砂降りに遭いました。
ほんの10歩ほど屋根のないところを小走りに抜けただけで、メガネもシャツもベチャベチャ…でしたが、ホバーライト君は撥水して保ってました。
20190711_1.jpg 20190711_2.jpg

触った感じでは撥水加工はされているのだと思いますが、太番手ナイロンで目の込んだ生地の一般的なビジネスバッグと違ってややざっくりした質感の生地で、手で水玉を払おうとすると染みこませてしまう場合があるので、タオルなどでそっと拭き取るのが良さそうです。そして、傘を差して歩くようなシチュエーションではレインカバーは必須かなぁ。
posted by sahitahu at 22:52| Comment(0) | 日記

2019年07月07日

ace.ホバーライトNo.59006(19L)

通勤帰りのジム通いを始め、クロスタイドS(11L)では着替えやトレーニングシューズが入りきらず荷物が二つになってしまいました。そこで、通勤用に容量の大きなビジネスリュックを買おうと思い立ちました。最近は【ARES】とか【 Aer】とか海外製のよさげなリュックも出てきてるんですが、あれこれ悩んだ結果、やっぱり日本のバッグメーカーの製品が間違いないやろう…ということで、エースのホバーライト(19L)になりました。
20190707_6.jpg

クロスタイドS(11L)との比較。縦横は大きく変わりませんが、マチが倍増。それでいて、クロスタイドSが880gに対してホバーライトは750g!サイズアップしたのに軽い。「浮くほど軽い」(ホバーライト)は伊達ではありませんね。
20190707_1.jpg 20190707_2.jpg

唯一(?)の弱点は、撥水が弱そうなこと。
なので、ノースフェイスのレインカバーを買いました。収納時はめちゃコンパクトで、サイズもピッタリ。収納袋が縫い付けでなくす心配がないのもいいね。
20190707_3.jpg 20190707_4.jpg

20190707_5.jpg
posted by sahitahu at 19:42| Comment(0) | 日記

2019年03月17日

「スタイルフィットマイスター」のスライドレバー塗装

私はZEBRAの顔料ジェルインキボールペンSARASAシリーズの書き味が好きなのですが、ZEBRAの多色ペンのホルダー(本体)はどうも安っぽくてイケません。
そこで、リフィル互換があるパイロットの「ドクターグリップ4+1」をベースに

ドクターグリップwithフリクションボール4 ウッド
   ↓
スタイルフィットマイスター5色withドクターグリップ
   ↓
ドクター・ピュアモルト4&1
   ↓
ウッド4+1(純正)

と、色々試してきました。
結局、よく使う「シャーペン+黒赤青緑」の5色ペンは無改造純正の「ウッド4+1」をSARASAリフィルに換装で落ち着いたのですが、もう一本、SARASAリフィルのパステルカラー5色用のホルダーについては結論が出ていませんでした。

「ドクターグリップ(またはウッド)4+1」の本体はシャーペンを差す位置が固定で、ボールペンの部分より少し突起が出っ張っています。そのため、ドクターグリップ本体のシャーペン位置にボールペンリフィルを差して5色ボールペンにすると、シャーペン位置の色だけ先の出方が変わってしまいます。
それに対して、「スタイルフィットマイスター5色」は5カ所とも同じ長さなので、これに「ピュアモルト4&1」の組先軸を合わせると、ボールペンリフィルの5本差しでも書きづらい色が出ません。ただ、スライドレバーが5カ所とも無色透明なので、思う色を一発で出しにくいのがネックでした。
20190317_1.jpg

そこで、プラモデル用のラッカー系クリア塗料とレザー用のアルコール染料を使ってスライドレバーを着色してみることにしました。
やり方は簡単、小皿の上で染料を混ぜてリフィルに近い色を作り、そこにクリア塗料に混ぜて塗るだけです。
20190317_2.jpg

手前が黒赤青緑+シャーペンVerで、奥が茶・水色・紫・ピンク・橙のパステルカラー5色Ver。いずれも、スタイルフィットマイスター5色の本体とピュアモルト4&1の木製グリップ組先軸を組み合わせたものです。染料をクリア塗料で固定しているので、仕上がりには透明感があります。
20190317_3.jpg 20190317_4.jpg

乾いてしまえば質感はラッカー塗装そのもので、色落ちもありません。
20190318_5.jpg
posted by sahitahu at 19:47| Comment(0) | 日記

2018年12月04日

新ヘアスタイル

初めて行った男性専用美容院で、スタイリストさんのおすすめカットを提案してもらいました。
生まれて初めての「ツーブロック」、眼鏡のツルがめっちゃ通りやすいです。(≧▽≦)
20181204a_1.jpg
posted by sahitahu at 22:52| Comment(0) | 日記

2018年11月27日

赤い水性の…ゲルインク!

ドクターグリップのグリップ部分が木製になった「ウッド4+1」のワインレッドがあまりにきれいだったので衝動買い…これを使えば、字を書くスピードも三倍にならないかなぁ。
20181127_1.jpg

リフィルはいつものSARASAに交換済。
上から順に、「ウッド4+1(純正)」「ドクターグリップ+フリクションウッド4+1(可逆改造)」「ドクターグリップ+ピュアモルト4+1(非可逆改造)」
20181127_2.jpg
posted by sahitahu at 21:58| Comment(0) | 日記

2018年10月18日

ジーン・クロスタイドS

通勤用のリュックを新調!(≧∀≦)
ACEの公式通販サイトでポチった「ジーン・クロスタイドS」です。
20181018_1.jpg 20181018_2.jpg

パソコンを買い換えて10インチ→12インチと大きくなり、以前使ってたハーベストのリュックでは荷物が入りきらなくなってしまったため、外出専用にしてた「Busy Beaver」をメインに切り替えたんですが、横向きな1気室3wayバックだったので、弁当箱を入れるとカバンの中で横向いて汁ダレとの戦いだったのです。

その点、今回買った「ジーン・クロスタイドS」は、二気室のA4サイズ薄型リュックで、表側の主室はマチ幅約10cm、上部と下部に開口ファスナーがあり、下部ファスナーの所で隔壁で区切られているので、薄型にありがちな底の荷物が取り出しにくい欠点をクリアしています。
隔壁上の気室は、ポケットも付いたフリーな空間で荷物を気軽に投入できます。隔壁下の気室は、ちょうどスリムタイプの弁当箱を底を下にしてまっすぐ入れられるくらいのサイズ感で、汁がこぼれる心配もありません。また、隔壁はファスナー式で、ファスナーを開ければ大きく一気室にしても使えます。
20181018_4.jpg 20181018_3.jpg

実際に、ホットディシュランのおかず容器を入れたらこんな感じ。
20181018_8.jpg 20181018_9.jpg

また、背側の気室は通しのマチ無しパソコンスペースになっており、13インチクラスのパソコンが楽々入ります。
20181018_5.jpg

これだけの収納力ですが、以前使っていたハーベストのリュックと外観上はそれほど大きく違いません。(左から、ハーベスト、クロスタイドS、BusyBeaver)
20181018_7.jpg

そして、しっかりしたセットアップ(キャスターバッグの把手に通すベルト)も高評価。
20181018_6.jpg

唯一不満点を上げるとすると、濡れ物を入れられる防水ポケットはいらんかったかなぁ〜(´・ω・`)←悩んだ末、ポケットティッシュと常備薬入れになりました。
posted by sahitahu at 22:52| Comment(0) | 日記

2018年09月15日

波佐見焼の焼酎カップ

帰路の長崎空港で期間限定出店していた波佐見焼コーナーで見つけた焼酎カップ。
20180915_1.jpg

ぱっと見はごつくて重そうなカップですが、ナント中空になっていて、波佐見焼特有の軽い生地と相まって非常に持ちやすい重さです。そして、カップの内側には標線があり、下の線まで焼酎を注ぐと4:6、上の線まで注ぐとだと6:4の水割り(orお湯割り)が作れるという優れもの。
20180915_2.jpg 20180915_3.jpg

早速帰宅してから冷えたビールを注いでみましたら、表面に結露も出来にくく、冷えたビールを堪能できました。
20180915_4.jpg 20180915_5.jpg
posted by sahitahu at 19:39| Comment(0) | 日記

2018年08月26日

泉南ドライブ

今日は我が家の長男3人組で、泉南までドライブ。
目的は、今が旬(?)のワタリガニです。

親父殿のいにしえの記憶をたどって漁港をハシゴ。
20180826_2.jpg

このあたりは、水質も綺麗です。
20180826_3.jpg 20180826_4.jpg

そして、最後にたどり着いたのがこちらの泉佐野漁協魚青空市場。
こちらが親父殿の思い出の地でした。「青空市場」ですが、実際には屋内にたくさんの鮮魚店が入っている施設です。
20180826_1.jpg

活気のある市場内を散策して、大きなワタリガニを無事ゲットできましたよ!
20180826_5.jpg
posted by sahitahu at 19:28| Comment(0) | 日記

2018年08月10日

ドクター・ピュアモルト4&1 withスタイルフィット・サラサ

普段使いの5色ペンには「ドクター・グリップ4&1」を愛用しています。
ただ、ドクターグリップの樹脂グリップはイマイチ好きになれず(爆)、ネジ互換があって形状もほぼ同じ「フリクションウッド」の組先軸(グリップ)に換装ドレスアップしいたのですが、手の小さい私にはこれが微妙に太くて持ちにくいのです。(写真下側)

そこで…以前部品買いで仕入れた「ピュアモルト4+1」の組先軸。これが「フリクションウッド」より微妙に細くて持ちやすい!ただ、この「ピュアモルト4+1」の組先軸は、ネジ互換はあるものの、「ドクター・グリップ4&1」の組先軸より少し長くて、そのまま換装するとリフィルの先が少ししか出ません。

そこで、禁断の研磨改造!
800番ぐらいの耐水研磨紙で「ドクター・グリップ4&1」の本体側のネジ穴を2mmほど削り込みます。
やり過ぎると、シャーペンがノックしにくくなるので、途中で確認しながら微調整します。これをやっちゃうと、もう純粋な「ドクター・グリップ」には戻れませんよ。

で、完成したのが写真上段、「ドクター・ピュアモルト4&1 withスタイルフィット・サラサ」。
本体は「ドクターグリップ4&1」、組先軸は「ピュアモルト4+1」、そして中身はシャーペン軸がスタイルフィットの0.5mm、ボールペン軸はゼブラのサラサリフィル。パイロット・三菱・ゼブラのパーツが渾然一体となった私にとっては究極の5色ペンです。(≧▽≦)
20180810_1.jpg
posted by sahitahu at 20:15| Comment(0) | 日記

2018年07月06日

歴史的豪雨出張

急な会議召集で、今日は朝一で東京へ移動です。
歴史的豪雨の影響で、山陽新幹線は早々に途絶、新大阪発の東海道新幹線は健在でしたが、大阪府下は雨量が多すぎて窓に水の膜が張って外が全く見えません。(普段なら、市街地の風景が見える区間です)
20180706_1.jpg

ところが、山科のトンネルを抜けると、雨が急に小ぶりになり
20180706_2.jpg

新横浜のあたりでは、川もほぼ通常水位…
20180706_3.jpg

ということで、往路は定刻通りで到着したのですが、問題は復路。
東京駅では定刻出発でしたが、豊橋〜新大阪間に列車が集中して大渋滞、結局3時間近く遅れて在来線の終電間際に新大阪着でした。

くたびれたけど、終電で帰れて助かった…。
posted by sahitahu at 23:56| Comment(0) | 日記

2018年07月04日

波佐見焼のおちょこ

帰りの長崎空港で見つけて衝動買いしたおちょこ。
工房紫明の「はな」さんという波佐見焼の女流作家さんの作品で、お酒を注ぐと河童が温泉に入っているように…見えるかな?
20180704_1.jpg 20180704_2.jpg

ちなみに、今夜はホワイトベルグの炭酸泉です。
posted by sahitahu at 22:56| Comment(0) | 日記

2018年06月17日

父の日

父の日のプレゼント。美味い!
20180617a_1.jpg
posted by sahitahu at 19:42| Comment(0) | 日記

2018年05月05日

今日の風景

庭の草引きをしてたらやってきた、珍しい柄の蝶。
20180505a_1.jpg

そして、若君の卵納豆に供された、珍しい二卵性の卵。
20180505a_2.jpg

何か良いことありそうな予感?(≧▽≦)
posted by sahitahu at 13:27| Comment(0) | 日記

2018年05月03日

スタイルフィットマイスター5色withピュアモルト4&1

先日組んだ、スタイルフィットマイスター5色+ドクターグリップですが、一度触るとやはり木製グリップにしたくなりました。
しかし、これ以上グリップのためだけにペンを買うのも勿体ないなぁ…と思っていたら、どうも三菱鉛筆さんは単価が1000円以上のペンの部品売りをしてくださるとの情報あり。
そこで早速お客様サポートに電話して聞いてみたところ、グリップより先の部分は正式には「組先軸」というらしく、ピュアモルトの組先軸は1つ756円(税込)で買えるそうです。ヨドバシでペンごと買うと1400円くらいするので組先軸のみなら半額ですね。別途、送料216円(税込)が掛かるので買うときはリフィルとか他に必要なものもまとめて買うのがお薦めです。電話で発注すると4〜5日でモノが届き、購入金額+送料分の切手を同封の返送封筒に入れて返送すれば支払い完了。
20180503_1.jpg

私の場合は、組先軸だけが欲しいので、ストックも入れて3本購入。
20180503_2.jpg

そのまま組んでも綺麗に収まりはするのですが、先日の記事でも書いたようにサラサNJKリフィルはスタイルフィットリフィルより少し短いので先の出方が少なくなってしまいます。
そこで、スタイルフィットマイスター5色の本体のネジ口を少し削って短くします。
20180503_4.jpg

上が削ったもの、下は新品です。
20180503_5.jpg

サラサNJKリフィルを装着し、「ピュアモルト4&1」の組先軸を組み付けて先を出した状態がこちら。同じく、上が本体を削ったver、下が新品のママver。ちょっと削り過ぎちゃった感がなきにしもあらずですが、使用上は問題ありませんし、組み付けも綺麗に出来てます。
20180503_6.jpg

ということで、サラサNJKパステルカラー5色のピュアモルトマイスターの完成です。
20180503_3.jpg
posted by sahitahu at 20:43| Comment(0) | 日記

2018年04月19日

スタイルフィットマイスター5色withドクターグリップ

さて、昨日に続いて多色ペンネタです。

サラサのNJKリフィルの展開色を見て、パステルカラー5色のペンを1本作ることにしました。
「ドクターグリップ4+1」は良いペン軸なのですが、今回はシャーペン不要。って事でまたまた調べてみると、「スタイルフィットマイスター5色」に「ジェットストリーム4&1」のグリップを付けると良い感じ…って情報を掴み早速実践。

まずはデフォルトの「スタイルフィットマイスター5色」、透明プラスチックのグリップが何ともチープです。
20180419_1.jpg

そしてこちらが、「ジェットストリーム4&1」。樹脂製グリップですがペン先は金属製で重厚感があります。
20180419_4.jpg

組み替え合体!
20180419_2.jpg20180419_3.jpg

あんなにチープだった「スタイルフィットマイスター5色」がキリッとしました。
20180419_5.jpg

しかしココで問題発生…。
ネット情報では「スタイルフィット」のリフィルだとバッチリらしいのですが、「サラサNJK」リフィルは「スタイルフィット」より気持ーち短いため、先の出方が微妙です。orz
20180419_7.jpg

ココでもう一工夫。昨日余った「ドクターグリップ4+1」のグリップを付けてみたら…
ペン先の出具合も、全体の重厚感もバッチリ!
20180419_6.jpg


ペン軸はめっちゃ良くなったんですが、色目が分からなくてちょっと大変…(^^;)
posted by sahitahu at 19:47| Comment(0) | 日記

2018年04月18日

ドクターグリップwithフリクションボール4 ウッド+サラサNJKリフィル

先日、サラサSelectのペン軸が不評…と書いたところですが、世の中には同じようなことを考えて工夫されている人がたくさん居るようです。

ネットで検索してみると、「サラサのNJKリフィル」は三菱「スタイルフィット」という同様のセレクトタイプのリフィルと互換性があるらしい。また、「スタイルフィット」のリフィルはパイロットの「ドクターグリップ4+1」と互換性があるそうな。
ということは、サラサNJKリフィルと「ドクターグリップ」も互換性あるよねぇ。

ってことで、「ドクターグリップ4+1」を買ってきました。
上から順に、「サラサSelect」「ドクターグリップ4+1」「スタイルフィットマイスター3色」「スタイルフィット5色」です。
20180418_1.jpg

「スタイルフィットマイスター3色」の回転式の金属製ペン軸も上品で良い感じだったので思わず買ってしまったのですが、2色+シャーペンだとちょっと色数不足でした。「スタイルフィット5色」はクリップが付いてる分、「サラサSelect」よりマシですが、いかにも安っぽいプラスチックです。

その点、「ドクターグリップ4+1」はペン先が金属製でクリップも金属製のシッカリした質感です。
20180418_2.jpg

早速、既設のアクロインクのリフィルを外して、「サラサのNJKリフィル」を差してみます。
カッチリはまって良い感じです。シャーペン用の孔のところだけはアタッチメントの軸径が微妙に太いようで、ボールペンのリフィルは差せませんでした。
20180418_3.jpg

このままグリップを付ければ「ドクターグリップSARASA」の完成なのですが、実はこの「ドクターグリップ4+1」は「フリクションボール4 ウッド」と互換だそうです。「ドクターグリップ」だけに「サラサmulti」よりグリップ樹脂の耐久性は高そうですが、フリクションがマイブームの時に大枚はたいて買ったものの、最近すっかり使わなかった高級ペン軸をこの機会に再活用しない手はありません。
20180418_5.jpg

やはり、木製グリップにするとより高級感が出ますね。
20180418_4.jpg

ドクターグリップの本体を使うと、押しボタンもちゃんと色つきで間違えません。
20180418_6.jpg
posted by sahitahu at 20:43| Comment(0) | 日記