2021年11月15日

微細バブルの作り方

ウチの水槽はメインタンク(60cm水槽)と隔離タンク(自作OFプチ水槽)でフィルタを共用しています。
エーハイムの排水をアズーのMr.Dripperという分配器でエーハイムの排水を分岐して、メインタンクと卵・稚魚用のプチOF水槽に供給し、プチOF水槽はメインタンクの上に設置しておいて排水はメインタンクに合流するようになっています。

さて、今日気付いたのは、このプチOF水槽の排水付近で発生している気泡です。
細い水流がメインタンクに落ち込む時に上手い具合に空気を巻き込むようになったようで、細かい気泡が連続的に発生しています。泡が非常に細かいのですぐに消えず、しばらく水中を漂う様は何とも癒やされますね。



私、実はこういう細かい泡が漂う様がめっちゃ好きで、以前はアスピレータで実現を試みてたんですが、微妙に泡が大きいのと、発生具合の調整が難しいのとで断念してたんです。(以下、当時の動画)


このポタポタ方式を上手く使えば、微細泡の漂う水槽に出来るかも?
posted by sahitahu at 22:45| Comment(0) | 熱帯魚
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]