2019年12月09日

PC新調「dynabook EZ35/LB」〜SSD換装実践

日本橋のパソコン工房で、台数限定・歳末特価のウエスタンデジタルのSSDをゲット。東芝製TLC-NANDを積んだ1TBと500GBが合わせて15062円也。ヨドバシで買うと、1TBだけでもこの合計金額より高いので、結構お値打ちだったかな。
20191209_1.jpg

帰宅したら夕食もそこそこに、早速換装作業。
今回はもともとWin10のPCなので、リカバリメディアからのクリーンリカバリではなく、ディスク・クローンにトライすることにしました。

(1)まず、SSDを外付けケースに入れて、フォーマット。
20191209_2.jpg 20191209_3.jpg

(2)次にディスク・クローンします。
ネット記事を参考に「easeUS Disk Recovery」というフリーソフトを使いました。バージョンはフリー版の6.0。少し古いけど、ネット記事によると最新版より成功率高いみたい。「クローン」のアイコンをクリックしたら、つながっているドライブが羅列されるので、クローン元とクローン先を指定して開始ボタンを押して待つだけ。私の「EZ35/LB」の1TBで2.5時間、妻の「AZ25/GG」の500GBで2時間くらいでした。

(3)PCの裏蓋を開けて、SSDに換装します。
先日の要領で裏蓋開けてドライブ換装。「EZ35/LB」は先日の練習通り。
妻の「AZ25/GG」もネジ穴の位置・数は違いましたが、中身は「EZ35」とほぼ同じ構造でした。違いは、指紋認証と、オンキョーの4スピーカーが入ってるくらいか。
20191209_5.jpg

HDDは例によって7mm厚の東芝製なので、SSDはスペーサ無しで換装可能です。
20191209_6.jpg

「AZ25/GG」にSSDを埋め込んだところ。
20191209_7.jpg

(4)動作確認
蓋を閉めて、ドキドキの再起動…。あっという間に起動して、アンチウィルスやofficeソフトの再アクティベーションも不要で、動きも軽快です。これは意を決して換装した甲斐がありました。
なお、今回は同じ容量のSSDに置き換えたからか、リカバリ領域などもしっかりコピー出来ているようです。
タグ:dynabook 分解
posted by sahitahu at 23:52| Comment(0) | PC・デジカメ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: