2018年04月15日

手作りウィンナー

今日は羊腸を買ってきて、初めてウィンナー作りにチャレンジ。

過去3回のフランクフルトで大分配合も分かってきたようで、今回は豚バラと鶏モモをフードプロセッサで挽いてました。(奥殿が)豚バラはそのまま調味料と混ぜてフードプロセッサ、鶏モモは皮が全然挽けないので、別途包丁でみじん切りにして最後に混ぜました。
20180415_4.jpg

私は燻製の係で、今回は七輪の中に大きめの隅を1つ焚いて、その上にスモークウッドを載せて燻製することにしました。水分を飛ばしてウィンナーの身を引き締めるつもりだったんですが、残念ながらそれほどの効果はなく、企画倒れ…。しかし、スモークウッドの継ぎ足しは楽なので、やっぱりこれが良いかも。
燻製時間は約30分です。
20180415_1.jpg 20180415_2.jpg

そして今夜の晩餐。
豚も鶏もジューシーな仕上がりで一噛みすると肉汁があふれ出します。豚バラは王道の味でしたが、意外に鶏モモの方が、臭みが少なく上品で奥の深い味わいでした。(^o^)
上の皿は、父の放置貸農園で収穫された育ちすぎのカリフラワー。すでに別の食べ物の風情ですが、湯がいたら茎も柔らかくてナカナカいけましたよ。
20180415_5.jpg

課題は材料費。肉は安いのでも十分なんですが羊腸が高いので、家で手作りしても市販のウィンナー買うのとそんなに変わりません。
posted by sahitahu at 21:44| Comment(0) | グルメ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]