2022年01月16日

ちろりの蓋

昨年12/20の記事で、スノーピークのマグ用リッドが、1合ちろりにシンデレラフィットと紹介したんですが、見た目が今ひとつ味気ない…
20220116_01.jpg 20220116_02.jpg

ということで、檜の端材で蓋を作ってみました。
こういった加工はホントはテーブルルーターでやるんだろうけど、ウチはルーター用テーブルがないので、ホールソーを転用してやってみることにしました。
20220116_03.jpg

内径分を残して半分くらいの深さまで彫り込んだら…
20220116_04.jpg

刃を広げて一回り外を同じように彫り込んでいきます。
20220116_05.jpg

2回彫り込んで、3回目は反対まで貫通させて抜きました。抜いた円盤の中央にはφ8mmの穴が開くので、M8ネジを通して固定し、それを軸に電動ドリルに固定して回しながらペーパーをかけて形を整えます。(写真撮り忘れ)

形が整ったらネジを外し、φ8mmの木棒を差し込んで接着、乾燥したら、底側の出っ張り部分をペーパーで削って面一にします。
20220116_06.jpg 20220116_09.jpg

スッピンのままだと、ちょっと白々しいので…
20220116_07.jpg

荏油でオイルフィニッシュ。ちょっと子どもっぽいデザインになってしまいましたが、シリコンのリッドよりはいい感じかな。
20220116_08.jpg

posted by sahitahu at 10:20| Comment(0) | DIY