2019年05月06日

波動砲艦隊計画2019〜其の8

ショックカノンの製作はいったんおいて、本体のディチールアップ。
「ペットボトルロケット」なので、子ども達と同じく、ビニルテープでデコレーションしました。全体的に色を付けると、ずいぶんらしくなりますね。
20190506_1.jpg

第一艦橋のスリットは、両面テープとクリーム色ビニルテープを経緯に貼り合わせてシートを作って、型紙シールを貼って切り出しました。スリット幅は1mm。スリットの下には緑ビニルテープで色付けしてますが写真が小さくてわかりづらいですね。第2艦橋のスリットは、本体と同じく豆乳パックにスリット。こちらの方が厚みがあって切り出しが大変でした。
艦橋側面は丸い構造物が複数あるのですが、ビニルテープをポンチで丸く抜いて製作しています。もともとボディ側も忠実再現ではないので、それっぽく適当にデコレーションしました。
20190506_2.jpg

後方から。メインノズルはダークグレーなのですが、ビニルテープのグレーではちょっと薄すぎるので、代替で紺色のテープを使いました。補助エンジンのノズルは、表面を同じく紺色、内面を赤で貼り、中心に黒テープで丸を付けました。メインノズルの内側も赤く貼っておけば良かったかなぁ…。
20190506_3.jpg


本体のデコレーションもだいたい終わったところでショックカノンに戻ります。
アンドロメダのショックカノンは、ヤマトより扁平で長いイメージなのですが、これ以上低くすると紙を折るのが大変なので、砲身を伸ばしてごまかすことにしました。
20190506_4.jpg

載せてみるとそんなに変わらないかも?
20190506_5.jpg
posted by sahitahu at 12:47| Comment(0) | 模型・RC