2018年04月01日

男の二人旅

この週末は春休み真っ盛り。上の姫達二人は、祖父母の家まで初めて電車で遊びに行くことになりました。
しかし、末の若君は、迷子属性を危惧されて同行を拒否され、独り居残りで意気消沈しています。
20180401_1.jpg

となれば、ココは父が一肌脱いで、プチ旅行に連れ出すことにしました。
本人の希望を聞いてみると、「僕は海が見たい」などとロマンなことを言うので、在来線で行ける最寄りの海水浴場までぶらり約1時間の旅。

天気の神様も可哀相な末っ子を哀れんでか、雨男の二人旅にもかかわらず、天候は快晴(≧▽≦)
シーズンオフの海水浴場は人もまばらで海の水も澄んでいます。
20180401_3.jpg

迷子の心配もなく、思いっきり穴掘りにいそしんできましたよ。
何の遊び道具も持ってこなかったけど、一人で楽しそうに遊ぶ様は親も心洗われました。連れてきて良かった〜。
20180401_2.jpg

夜も二人でお泊まり。
某所をお借りして、父が腕を振るったカレー鍋で父子で乾杯!
このジュースがビールに変わるまで、あと何年かなぁ…。
20180401_4.jpg 20180401_5.jpg
posted by sahitahu at 21:47| Comment(0) | 姫君・若君

結婚12周年記念フランクフルト2回目

春分の日に続き、結婚記念にプレゼントしたウインナーメーカーでフランクフルトを作りましたよ。
今回は最初から「フランクフルト」を作る予定で始めたので、肉の味付けも「つくね」ではなく「フランクフルト」を目指しました。

スイミング帰りの長姫、すっかり魔女の風情です。(≧▽≦)
20180401_1.jpg

今回は腸詰めしたフランクフルトをサクラのスモークウッドで燻製します。
我が家の燻製器はAm●zonの段ボールを重ねたオリジナル(爆)、汚くなったら捨てて新しいのを作れば良いのですよ。
20180401_2.jpg

蚊取り線香の皿に適量に割ったウッドを載せて、着火剤で火を付けます。(←横着者)
20180401_3.jpg

着火剤の火が消え、煙が出始めたのを見計らって、腸詰めしたばかりのフランクフルトを棒に引っかけて箱の中に吊して燻製します。
20180401_6.jpg

30分〜1時間弱ほど燻製したら、取り出してグリルで焼いたら出来上がり!
香りはしっかり付いて肉汁もたっぷり…でしたが、皮はまだパリッと弾けずゴムの弾力…。orz
もう少し燻製器の中の温度を上げて水分を飛ばした方が良いのかな〜。
20180401_4.jpg 20180401_5.jpg
posted by sahitahu at 20:00| Comment(0) | グルメ

ご挨拶

開設より12年間続けていたブログも、総投稿数2222件をもちまして移行することにしました。
単にデータ管理の面からなので、全く代わり映えしないブログデザインではございますが、今後ともよろしくお願い致します。<(_ _)>

旧ブログはこちら

posted by sahitahu at 00:00| Comment(0) | 日記